ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

とけるさん のコメント

userPhoto
とける
>>1
そもそもHPが整備されてない会社に僕転職したくなかったので書いてないのごめんね〜
No.3
48ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
とけるです。 今回は面接編と言っておきながら、その前に企業自体を下調べしないとまずいなと思いましたので、一旦企業の調べ方を挟もうと思います。 【その企業のHPを確認する】 まあ一般的な方法ですよね。 個人的に確認しているのは 採用ページ です。 ただ採用職種や福利厚生などの条件を見に行くというより、 応募者を集めるために 「うちの会社はこんなんですよ」と説明 していたりするので、 それを見に行ってます。 ちなみに個人的に意識して見ていたのは下記の情報です。 ・中途社員インタビュー  └元々どこの業界の何をやっていたのかという経歴が載っているとベストですね。 ・社員の1日のスケジュール  └どういった時間軸で働く会社なのかが確認できます。   あんまり長時間労働したくない人は見というたほうがいいですね。 ・写真(私服で働いているか、スーツで働いているか)  └割りと重視していました。何かしら写真が載っていて、   それがスーツなのか私服でなんとなく社風が理解できます。   「人事責任者のメッセージ」ていうのがだいたいありますが、   その写真でスーツ着てると「あ〜内勤でも固めな会社なんだな〜」って思っちゃいます。 採用ページ以外だと下記情報も見ていたりします。 ・IR情報やニュースリリース  └上場していれば必ずあります。外資なら本国のIRを見るのもありですね。   単純に赤字か黒字かぐらいが分かればいいと思うので、    売上と営業利益、経常利益、純利益が過去数年で伸びてるか、落ちてるか、   利益率が良いか悪いか は見ていました。  └数字以外で言うと直近の 株主向け説明資料 というのもあるかと思います。   これは株主説明会向けの資料で、今後何に注力していきますと説明しています。   その上で今回の採用があるんだなと思うと、今回採用されたら   何を期待されることになるのかが、ある程度想像しやすいですね。 【Googleニュースで調べる】 Googleでニュース検索ができます。とても便利なのでぜひ使ってみて下さい。 Googleニュース ここに会社名を入れてみると 直近で何のニュース、記事で取り上げられたかわかります。 上記の株主説明資料で出てきたワードなども調べてみるのもいいかもしれません。 あとは 肯定的な意見が多いのか、否定的な意見が多いのかもわかる はずです。 【人材紹介会社の人に聞く(人材紹介会社利用者向け)】 人材紹介会社から貰った求人であれば、そのコンサルタントに聞いてみていいと思います。 聞く内容としては、求人票の気になったところなど、 とにかくなんでも聞いてみて下さい。 余談ですが、彼らが答えられない質問をすると「それでは面接の中で聞いてみて下さい」と 逃げる可能性が高いです。 【口コミサイトを見てみる】 実際に働いている人が書いているであろう口コミを見るのも一つの手です。 ただ、この場合 転職を考えている人が書いたものが多いため、 その企業をマイナスに書かれる傾向があります。 そのバイアスに注意下さい。 口コミの意見は絶対ではありません。 有名所だと下記です。 Vorkers キャリコネ 転職会議 カイシャの評判 外資系だとこの辺もいいみたいです。 Glassdoor 【LinkedInを見てみる】 実際に働いている人がどんな経歴なのかがわかります。 LinkedIn キーワード検索ができるので、気になる会社を検索してみましょう。 登録している人がいれば、その人が どんな経歴で今のポジションにいるのかがわかります。 どんな人たちがその職場で働いているか想像できればここでは良いかと思います。 一旦はこんなもんですね。 次こそ面接編の準備します。