• Lobotomy Corporation レポート 「O-03-03-Z 」

    2017-04-30 00:59

    管理番号:O-03-03-Z
    個体名:One Sin and Hundreds of Good Deeds
    和名:ひとつの罪と数百の善的行動
    攻撃:精神 危険レベル:ZAYIN

    捕獲日時:■■/■■/■■
    太陽の光を常に受け、一方の方向を常に見続けているところを■■山の山頂にて発見。
    その視線の先には小規模の村が存在していた。

    容姿は鉄製の十字架の途中で折れ、十字の中心に人間の頭部の骨が貫かれた状態でついている。
    赤い茨が端を十字架に括り付け、額に食い込むように頭骨に巻き付けている。
    また、常に地上から約1メートル浮んでいる。

    このアブノーマリティは常に浮遊しており、十字架の後ろからは常に後光が射している。
    目の奥は常に暗闇の状態でどの角度から光を入れてもその奥を観測することは不可能である。

    このアブノーマリティは飲食を必要とせず、様々な試験的行為に好意的な感情を抱いているのを確認できる。
    また、アブノーマリティ自ら攻撃を行うことはない。

    実験レポート

    職員■■に自由に何かの行動を行ってほしいと指示。
    職員■■は外見から宗教と関連付け自分の罪を「告白」を始めた。
    すると職員■■に対して日の光が当たり、彼の顔に癒しの兆候が表れた。
    ■■テストを行った結果職員の精神状態に向上の結果が見受けらえた。
    また、アブノーマリティに対して少量のエネルギー生産量の上昇がみられた。

    職員■■にはこの結果を受け、今度はこちら側が用意した嘘の「告白」を実行するように指示。
    嘘の「告白」を始めた職員■■に対して1ページ目を読み終えたところで何もない空間から突然の落雷が発生。
    職員■■の体が焼け、全身に重度Ⅱのやけどと一時的な精神障害を負わせた。



    音声データ1
    職員■■「私は幼いころ友人の家にいたペットのモルモットが羨ましかった。私はそれをどうしても欲しくなってしまい、こっそりと盗んでしまいました。その晩私は明日帰すべきだが今晩は一緒にいたいと思い共に遊んでいたら私の不注意により死なせてしまったのです」
    (鳥のささやきや風の音)
    職員■■「……ありがとうございました」
    (部屋を出る音)

    音声データ2
    職員■■「『私は殺人者です。とある家に忍び込み金品を盗もうと試みました。しかし、その家には子供が留守番をしており、私の顔をしっかりと見られてしまいました。私は証拠隠滅を図るために子供にナイフをつき」
    (空気を切り裂く放電の音)
    職員■■「(悲鳴になりきらない息の漏れ)」

  • 広告
  • Lobotomy Corporation レポート 「F-01-02-T」

    2017-04-23 21:52

    管理番号:F-01-02-T

    個体名:Scorched Girl
    和名:マッチガール
    攻撃:物理 危険レベルTETH

    捕獲日時:■■/■■/■■
    対象は山火事の起こった森の中で一人たたずんでいたところを捕獲。
    捕獲時Ⅰクラスの職員2名が重度のやけどを負った。

    容姿は黒ずんだ「炭」が人体の形を形成し、腹部に巨大な木の棒が刺さり、貫通。
    背中側の先端は常に「炎」が灯り、燃え続けている。
    このような状態ではあるが彼女は意志疎通が可能であり、人として見ることができる。

    彼女を資源利用するうえで注意してほしいこと
    ・彼女の気分を下げないこと
    彼女の気分により背中の炎の大きさが変化し、最終的に収容室全体に及ぶ火災を引き起こした。
    収容室の耐火の具合を1度燃やすと知られてしまうのか2度目の発火時には収容室の扉を破壊し脱走を試みる。
    脱走をした際は一定時間あたりをさまよい爆発する。
    その爆発は近くにいる職員たちに致死量のやけどを負わせるに十分な火力と言える。


    監視者■■■の証言
    「彼女は大変気難しく、我々との会話、娯楽を一切拒み、行おうとした職員■■を
     燃やしつくしてしまいかねなかった。反対に体を傷つけるような行為には好意的な
     反応を示し、火の大きさが小さくなった。
     このことより彼女を管理するうえで必要なのは暴力的行為であると言える。」

    職員■■の作業記録
    ■■「やぁ、マッチガール」
    マッチガール「…帰って」(部屋の隅でうずくまっている)
    ■■「いいじゃないか。少し私と話をしないか?」
    マッチガール「…お願いだから、帰って」
    ■■「君の力になりたいんだ。お願いだから少し話をしないか?」
    マッチガール「…帰って!!」
    このあと監視カメラには部屋中を炎で包み込む姿が記録され
    職員■■の全身の皮膚は炭化し、現在[処理済み]の対処を施している


  • Lobotomy Corporation レポート

    2017-04-23 21:25
    これをご覧になる皆様にお伝えします

    この記事は本ゲーム「Lobotomy Corporation」に登場する
    アブノーマリティたちの重大なネタバレを含む場合があります
    もしまだプレイしていない、プレイ中である人は
    読むこと自体非推奨とさせていただきます。
    また、レポートの内容にはジョークが混じっており
    全てがゲームに直結するわけではありません。

    それでもご覧になられるというのであれば
    どうぞご覧ください

    管理番号
    F-01-02-T

    O-03-03-Z