ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

ファイアーエムブレム トラキア776 ついにクリアしたので感想!【ネタばれ有】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ファイアーエムブレム トラキア776 ついにクリアしたので感想!【ネタばれ有】

2020-03-08 17:00

    どうも!ToKiです!

    2週間ほど前についに、『ファイアーエムブレム トラキア776』をクリアしたので!
    感想等を書いていこうと思います!!



    まず一言で言うと、めちゃくちゃ難しかったです…!!

    これまでFE 暗黒竜と光の剣~聖戦の系譜までをやってきたわけですが、
    それらを含めても一番難しかった作品だと感じました。

    このゲームをやる前からトラキア776は難しいと話は聞いていましたけれども、
    まさかここまでとは…予想を遥かに超えた難易度でした。


    物語は、前作の聖戦の系譜の途中からとなっており、
    仲間として登場していたリーフ王子が主人公として動いていく感じになっています。

    ゲームに関しては聖戦と同じような感じと思いきや、
    各ステージの規模とか仕様が結構変わり、
    どちらかというと、紋章の謎以前のような感じだったなと思いました。

    聖戦だとアイテム交換とかお金がキャラ毎だったりと色々不便でしたからね。
    その点は、トラキアの方がやりやすかったなと。

    ただ、各キャラが持っているスキルや、馬やペガサスが行動後に移動できる点などは
    聖戦と同じ感じでしたね。騎乗ユニットは今作も大活躍でした!

    トラキアから追加された要素としては、
    攻撃の命中率が99~1%
    体格が小さい敵や味方を担ぐことが出来る
    キャラによって、確率でもう一度行動が出来る再行動
    戦闘などで疲労値がたまり、数値がHPを超えると次の章は出撃出来なくなる(例外あり)
    本章で条件を満たすと、追加マップ「外伝」に進める
    味方の近く以外真っ暗な索敵マップ
    制圧ではなくゴールを目指して離脱する離脱マップ
    一定のターンまで城を守る防衛戦マップ
    状態異常は自然回復しない

    他にもまだあったと思いますが、主にこんな感じだったかと思います!
    結構新要素ありますね!

    中でも、担ぐシステム、再行動、外伝追加、マップの種類追加は、
    やれることや求められることが増え、プレイする上で面白い要素だったなと感じました!

    まあ最初の頃は資金や武器も少なく、お店もぼったくりだったので、
    敵を捕らえて担いで、武器やアイテムをぶんどる盗賊紛いなことばっかりでしたがw

    それと担ぐに関しては、ここでも体格値が最大の騎乗ユニットが大活躍でしたねw

    追加要素で辛かった点は、やはり命中率、状態異常でしょうか(^^;
    命中率が最大の99なのに攻撃が当たらないことが何度あったことか…
    敵の命中率が最低の1なのになんで当たるんだ…

    敵のスキル大盾が連続で発動した時並にこの要素に苦しめられた気がします…

    それと状態異常!特に、スリープ、バサーク!!お前ら!!
    聖戦も状態異常はありました。ええ、ありましたよ。
    ただ、トラキアは自然回復せず、レストで治すしか方法がないのが本当に辛かった…

    初めてスリープを喰らった時(たしかセイラム)の絶望と言ったら…
    しかも、範囲が10マスとかじゃない!
    魔法が低い奴にはどこからでもかけれるのも鬼畜でしたね…
    とか言って、こっちもお世話になりましたがw

    要素についてはこれぐらいにして、
    次はお気に入りのキャラについて書いていこうと思います!

    そのお気に入りのキャラは!


    断然!ダグダさんです!!!



    トラキアをしている時はサムネにも使わせてもらっていたダグダさんですが、
    初対面の時からトラキアはこのキャラが好き!と一目ぼれするほどでした!w

    なんといっても、その屈強な肉体と頑丈そうな体格!
    おっさんキャラ!そして、めちゃくちゃ強いわけではない!
    ほとんどの章でダグダさんを出軍させた気がします!

    彼は、そこまで前線に出てバッサバッサと敵をなぎ倒す訳ではなかったのですが!
    ピンチな非力な仲間を担いだり、スキル突撃を生かしてシューターの攻撃を凌いだり、
    状態異常の杖に対して自ら喰らいに行ったりと自己犠牲の鑑と言える活躍を見せてくれました

    前作までの感覚で、斧しか使えないと思い、
    後半弓が使えることを知った時は本当に申し訳なかったです…ごめんね、ダグダさん…

    他にも、戦闘面で大活躍してくれたフェルグス、アスベル、ディーンには
    本当お世話になりました!

    とりあえず各章のボスと戦わせるのは、この三人が安定だったかなとw
    結構過労状態だったかもしれませんw


    そんなこんなでクリアするまでにリアル1年半以上かかってしまったわけですが…
    無事に全員仲間を生存させクリアすることが出来ました!

    長くなりましたが、見に来てくださった皆さん本当にありがとうございました!
    まだまだFEシリーズは放送でやっていくのでそちらもまたよろしくお願いします!




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。