重ゲーに苦手意識がある理由
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

重ゲーに苦手意識がある理由

2020-01-14 23:15
    こんにちは

     例えばゲームバーやゲームカフェにいって
    どんなゲームをやりましょうか?
     と聞かれるとき、
    新作のゲーム
    時間はかかるけれど人数がそろわないとできないゲーム
    やったことのない評判のゲーム
    以前から興味を持っていたゲーム

    いろんな選択肢が出ますよね。

    でもネガティブなところで
    ルールの難しそうなゲームはやだな
    だから、重ゲーはやだな

    って思うところもあります。

     では重ゲーはやだなってなぜ思うんでしょう。
     重ゲーによくある特徴ですが、
    勝ちパターンがいろいろある。
    やれることがたくさんある。
    その結果、何をやればいいのかわからなくなる。

     ここで大事なことは、ゲームセンスです。
     ゲームセンスのある人は、それなりに価値を狙うルートを
    思いつくんですね。
     それはサイズというゲームで言えば手元に置かれた国プレート。
     そこには国ごとに持っている特殊な能力が書いてあり
    それを使って有利にゲームを進めていこうとするもの。
     そのヒントをもって勝ちルートを思いつくわけです。
     センスのある人ならさらにその次の手も、繋いでいく手も
    思いつくわけです。
     次の手、つないでいく手となるといろんな効果のある
    アイテムやカードなどの理解が大事になってきます。
     例えば、ドミニオンなどはどのカードを手に入れて
    どのようにどのように使っていくか理解と想像が大事になって
    行きます。

     それを初見でやっていくのがゲームセンスというものでしょう。

     さて、重ゲーがやだなあと思う理由はここにあります。
     自分にはこのゲームセンスが無いのです。

     だから、初見のゲームではあたふたします。
     そして手探りで、何をすればいいのかわからないまま進めます。
     しかしその間にも他のプレイヤーは自分の手の進め方で
    ゲームを楽しんでいます。
     けれど、自分は楽しむこともできずどの手がよくてどの手が
    悪手なのかもわからないままで進めています。

     それが慣れたプレーヤーやゲームセンスのあるプレイヤーからは
    もどかしく映ることでしょう。

     自分の手番で何をすればいいのかを焦っていること、他のプレイヤー
    に迷惑をかけている気分になってしまうこと、それが
    重ゲーに苦手意識をもつ原因になってしまっています。


     
     

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。