ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

パイナップルの缶詰
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

パイナップルの缶詰

2021-04-20 09:09
    こんにちは

     なんだか台湾パイナップルが話題になっているようですね。
     昔は父親がパチンコをしてきて土産にパイナップルの缶詰を
    よく持って帰ってきてくれました。話題になっている
    台湾のパイナップルではありませんが、久しぶりにパイナップルの
    缶詰を食べたくなりました。


     いくつかスーパーにありましたが、ほんと何も考えずに
    リリィという懐かしいメーカー名にひかれてこの缶詰を
    買いました。
     ひとつ、何も考えずに買い物をすれば財産を失います。
     ふたつ、懐かしいメーカーとはすなわち、古いということに
         ほかなりませんでした。


     プルトップのない缶詰です。
     缶切りから解放された今、再びこの缶詰を買って帰る日が来るとは。
     古いお店で買ったわけでもなく、普通にスーパーでかったのに
    まだこのタイプの缶詰があったなんて、まったく迂闊だったとしか
    思えませんでした。

     もはや家に缶切りという道具はありません。
     しかし、あきらめるという選択肢はありません。


     残された手段はマイナスのドライバーと金槌です。
     マイナスのドライバーの先を缶詰の周辺にあてながら
    金槌で叩いて開けていきます。


     念のために、まずは一周を穴の開かない程度に叩いて回ります。
     そこから本気で叩いていきます。
     もう二度とこんなことはないだろうと思いますが、
    一つ目の穴が開いたら、できれば中のシロップを流しだすべきだと
    後で思いました。
     一つ目の穴が開いたら、その隣を開くのに金槌を使うと
    一つ目の穴からシロップが飛び出してくるからです。

     少し穴が広がるとそこにドライバーを突っ込んで上に開きます。
     そうすると少しはシロップの飛び散りを防ぐことができました。

     ドライバーを当てて金槌で叩いて穴を広げて、ふたを上に
    上げていく。その繰り返し繰り返しをただ延々と続けていきました。


     オープン。

     無事パイナップルを食べることができました。
     苦労してもパイナップルの味が変わることはありませんでした。
     久しぶりに食べた缶詰のパイナップルはとても甘かったです。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。