電気ストーブの実力
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

電気ストーブの実力

2015-02-19 18:42
    こんにちは

    昨日届いた電気ストーブをさっそく使いました。
    セラミックでコーティングされたシーズーヒーターというやつです。

    これは発熱を始めても明るくなりません。
    だから電気がついているのかどうかはヒーターからは
    わかりません。

    本体にはパワーモニターがついているので、今どれくらい熱を出しています
    っていうのが分かるようにはなっています。
    でも以前の赤く光るヒーターに比べると色が出ないというのは
    頼りない気分になります。

    となると、ストーブの消し忘れに気を付けないといけないのかもです。
    一見すると消えているように見えますものね。

    ダイヤルは1から11まであり、細かく温度調整ができます。
    ちなみに説明書によるとダイヤル1はおよそ170Wだそうです。
    今まで使っていた電気ストーブは最低が400Wでした。

    まずはダイヤル1にして横に置いてみました。
    パジャマに着る毛布をかぶった状態です。

    かぶった毛布のせいですが、まったくあったかさを肌で
    感じることはできませんでした。
    その恰好で座椅子に座っていたんですが、そのまま寝ていました。
    そして夜中に目を覚ますと、ストーブは切れていました。
    タイマーを2時間でセットしていたからです。

    またタイマーを2時間にセットしてそのまま寝ました。

    すると、また目を覚まして、ストーブを見ると切れています。

    その時に気付いたんです。
    自分が目を覚ましているのは、部屋が寒いからだということに。

    ストーブが2時間で切れた後自分は目を覚ましているんですね。
    それは体が冷えてしまったから目が覚めてたんです。
    つまり、ストーブがついていた間は目を覚ましていない。
    体は冷えていなかったんです。
    たかだか170Wの電力で体を十分に温めていてくれていたんです。

    以前使っていた赤くなる電気ストーブは400Wでしたが、今度の
    ストーブはその半分くらいの電力で十分にあったかいっていうことなんですね。

    さらに以前の赤くなる電気ストーブだと、ストーブからの距離が1mも
    離れては温かさがわからないくらいだったのに対して、
    新しいほうのストーブは前述しているように1mを離れていても
    ちゃんと体を温めていてくれました。

    新しい電気ストーブに感動です。
    27700円から探しはじめて、16800円を見つけて
    買ってきた電気ストーブですが、今は大満足の商品です。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。