• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

神保町映画祭リターンズ/特別審査会セレクト「あした、かえる」審査員推薦コメント
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

神保町映画祭リターンズ/特別審査会セレクト「あした、かえる」審査員推薦コメント

2018-03-29 00:00

    神保町映画祭リターンズ1~3月は特別査会セレクトと題して審査員推薦の3作品ご紹介しております。

    配信に伴いまして、渡邉高章作「あした、かえる」の審査員からのコメントを
    第3回東京神田神保町映画祭特別審査会の 上木實(うえき みのる)審査員より頂戴しておりますのでご紹介します。

     

    【何気ない日常にじわじわと惹きこまれていく作品】
    映画、或いは小説も、最初の始まりのシーンやカット、或いは一行でいっきにその世界に引っ張っていってしまう事が有る、その様な作品を多く見ているせいか、この作品の意図に最初は気が付かず、見て行く中で、だんだんと、その魅力、特にこの女の子の魅力が伝わって来た。それは、きをてらう作風ではなく淡々とした日常的な描き方なのか、音楽もその作用に多く関わっている。

    そして、最後にはいっぱいその何気無い彼女の日常に浸ってしまいました。

    そうか、彼女の日常を、日常的に描いていたのだったのか、と、最後には知らさせられてしまう。名作、「東京物語、小津安二郎監督」を思い出される、素晴らしく素敵な作品です。

     

     「あした、かえる」14分 監督:渡邉高章
    aa95103cfd815529e5f21439996396d42f2a0360

    配信期間:3/30(金)~4/5(木)
    配信URL:http://www.nicovideo.jp/watch/1520550847

    ※期間以外は表示できませんのでご注意ください

    <あらすじ> 些細な喧嘩で夫から逃げてきた妹は兄の元に身を寄せる。久しぶりに会った兄には慎ましい暮らしがあり、妹は自分を見つめ直す。何気ない日常の繰り返し、ただその中に愛すべきものがあるということ。

    <キャスト>
    マイ  岡崎絵美
    リョウ  舟見和利
    マホ  松井美帆
    ソウイチ  渡邉帆貴
    トオル  星能豊

    <スタッフ>
    音楽  押谷沙樹
    題字  岡崎絵美
    協力  KiKU・竹俣勇壱、伊藤圭、pacacotta

    監督・脚本・撮影・編集  渡邉高章
    製作  ザンパノシアター



     

    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    TOKYO HEADZ - 東京ヘッズ -
    更新頻度: 不定期
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥540 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。