• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「福島桜紀行」 スタッフレビュー
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「福島桜紀行」 スタッフレビュー

2020-10-31 12:30

    震災前何気なく見ていた桜。 震災で心に傷を負った人々は、桜は特別なものになった。
    福島の人々を見守り、癒やし、大きな希望でもある。
    桜の手入れを自らしている方々、植樹をしている方々、桜とそこに住む人の絆がこの作品には描かれている。 温暖な南太平洋から咲き始める福島の桜は、内陸の方へ向けて、人々の心を豊かにしてくれる。福島の豊かな自然、静かにゆっくりと訪れる春、そこに共生する人々の姿が描かれている。


    (レビュー:平野綾子)


    平野綾子(ひらの りょうこ)プロフィール▼
    fae2579b053dc4421b0ef58ed5e8e6a85ad439fd16歳の頃からお芝居を始める。その頃、家のケーブルテレビでダスティン・ホフマンの「トッツィー」を見てかなり衝撃を受ける。影響を受けた女優はシャーリー・マクレーン、ジュディ・デンチ、ケイト・ブランシェット。
    今、井上ひさし原作の「父と暮せば」をアメリカでアメリカの俳優と上演するために奮闘している。

    影響を受けた映画/「ディアハンター」「ヤコブへの手紙」「タクシードライバー」「ゴッドファーザー」「素晴らしき哉、人生!」


    TOKYOHEADZ 「ドキュメンタリー映画」特集 
    【第1週】 11/8(日)~11/10 (火) 「福島桜紀行」42分(2018年版) 
    監督:鉾井喬
    配信URL→ https://sp.nicovideo.jp/watch/1602479764
    ※期間外は表示されませんのでご注意下さい

    ※登録料(550円/月)

    49f8c13e832d3393f7dc535e2b7c122b7dcb9bb9

    <あらすじ> 
    福島の桜は太平洋側から咲き始め、一ヶ月かけて福島県を横断する。 桜前線を追いかけ桜の咲く風景と桜に関わる人の声を記録した紀行ドキュメンタリー。 避難が続く場所、客を取り戻しつつある観光地、本来の原風景を桜という誰もが共感できる存在を通して描写する。 2015年、2017年撮影。


    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    TOKYO HEADZ - 東京ヘッズ -
    更新頻度: 不定期
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥550 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。