• このエントリーをはてなブックマークに追加
「珈琲のしみ」作品レビュー
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「珈琲のしみ」作品レビュー

2021-08-05 12:33
    1番印象に残ったシーンは、明け方由紀子が1人で珈琲豆を引いているシーンだ。
    愛する人を失いその時から時間が止まっている彼女がこの現実ごとかき消そうとしても
    永遠に消えないシミとなってこれからもずっと彼女の心に付きまとっていく。
    そんな彼女が終盤にりょう子につぶやく台詞には、普段は気丈に振る舞い周りには
    露呈することのない由紀子のやり場のない思いが見事に表現されていると感じた。
    年頃の娘と、頼りないがどこか憎めない父親のぎこちない親子関係にも共感できる場面が多く、
    登場人物それぞれが抱える悩み・思いを僅かに共有できた瞬間を非常に鮮明に美しく描いている作品だと感じた。


    (レビュー:戸谷由希子)


    戸谷由希子 (とだに ゆきこ) プロフィール
    a3857fc1bc6892474ab7df523bfdbb94a36d9d39
    広島県出身 
    大学で上京、東京神田神保町映画祭のボランティアスタッフとして活動に参加し、
    映画祭そのものの魅力に触れる

    2018年5月にハンブルク日本映画祭に出席 
    以来自主制作映画をより多くの人に広めたいと考えている
    好きな映画は『グッドウィルハンティング』『GO』『リアリティ・バイツ』



    東京インディペンデント映画祭 東京神田神保町映画祭推薦

    東京インディペンデント映画祭「珈琲のしみ」 34分 監督:橋田奈奈

    acedba25d824f4a73f3e455880d35dceb7db42ef
    <あらすじ> 父・隆志と高校3年生の容子。夏のある日、2人のもとに1枚の絵葉書が届く。
    差出人は、隆志の姉であり、容子の伯母である由紀子だった。
    由紀子の夫である「真さん」がいなくなってから、容子は由紀子の家を訪れていない。
    隆志に連れられ、容子は7年ぶりに由紀子の家を訪ねる。

    <キャスト> 小川容子、野々瀬隆志、佐倉萌
    視聴期間: 8/8(日)~8/14(土) 
    視聴URL:https://www.nicovideo.jp/watch/1627391943
    ※期間以外は表示されません              
    ※登録料(550円/月)

     


    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    TOKYO HEADZ - 東京ヘッズ -
    更新頻度: 不定期
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥550 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。