• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

BABEL NOTE vol.11 藤井道人
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

BABEL NOTE vol.11 藤井道人

2014-12-08 06:00
    BABEL NOTEのお時間です。
    監督の藤井道人です。
    テッペン(業界用語の24時)を超えた撮影の片付け中にこの記事を書いています。
    色々な経験を積んだ現場でした。
    人生色々ですね。
    めげずに頑張ってます。

    先週、BABEL FILMに
    拙作「名もなき一篇」とアベラヒデノブ監督の「ピンクライトヨコハマ」の2作品が公開になりました!

    「名もなき一篇」はなんと26分1カットの映画でございます。
    普通、映画はカットを割って表現することが主なのですが、
    最近は機材も進化してきていて
    色々な映像表現が出来るようになりました。
    名もなき一篇の舞台は
    新宿です。
    何万人と行き交う街の中に10人のキャストを紛れ込ませ、
    車を使い、店を使い、一カ月のリハを経て3月10日クランクインしました。10時からカメラを交えて入念なリハーサルを行い、15時に撮影を始めテイク2の17時30分
    クランクアップしました。
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。