ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

短期連載ニコ小説「とある男のとある他愛もない1日」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

短期連載ニコ小説「とある男のとある他愛もない1日」

2014-06-03 01:39
  • 1
8時に起きる。

歯を磨く。

パンを食べる。

服を着替え、

家を出る。















駅に向かう。

電車に乗る。

満員電車に揺られ、

揺られ、

揺られ、

会社近くの駅に着く。















10時始業。

パソコンに向かい、

早く昼休憩が来ることを願う。















昼休憩。

会社で支給される弁当を食べ、

Yahooニュースを見て時間をすごす。














午後の仕事開始。

先輩に怒られ、

頭を下げる。

定時を過ぎても仕事をし、

定時をかなりすぎて退社をする。













朝と比べ物にならないほど空いた電車に乗り、

少し居眠りをする。

夢を見るわけでもなく、

地元の駅に着くころに目が覚め、

電車を降りる。













近くのスーパーで安い酒を買い、

飲みながら帰る。













家に着き、

何をやるでもなく、

でも何かやらないと一日を無駄にした気がして、

ネットサーフィンをして、

つまんなくて、

結局ベッドにつく。














まるでコピペを繰り返すかのような。

他愛もない、

つまらない日々。














何か面白いことないかなあと、

何もせずに待っている男に、

当たり前のように、

何も起こるはずがない。













そして男はまた、コピペを繰り返す。

何の身にもならないコピペを。




続く

広告
×
この男が先輩に怒られた原因は
顔も洗わずに出社したから、で合ってますか?
88ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。