• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

“これまでの自分”を捨てる方法
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

“これまでの自分”を捨てる方法

2013-05-20 19:00
  • 2

 こんにちは、苫米地英人です。本日は東京は雨模様。梅雨の時期も近づいてきているなと思う今日この頃ですが、皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

 5月7日(火)の放送では、たくさん質問を下さってありがとうございました。写真は、その時のものです。アシスタントはうちの事務所の所属アーティストであるMEMI(右)と、新しい秘書のまーこ(左)です。今後とも、なるべくたくさんの方の質問にお答えしようと思っておりますので、質問、または悩み相談のメール、下記にいただけたらありがたいです。

drtomabech@gmail.com

このメールアドレスがメルマガ運営部のアドレスになります。こちらにいただいたメールは、運営部が管理しますのよろしくお願いいたします。

 次回の放送は5月28日(火)21時からを予定しております。

 


 また、過去の放送を見たいというリクエストも多数いただいております。私の会員になっていただいた方は、過去放送を見られる設定にするよう、今、準備を進めております。

 取り急ぎ、さる4月23日に行った放送である、株式会社ドワンゴの取締役であられる夏野剛さんとのスペシャル対談を会員限定動画で投稿しておきましたので、また未視聴のかたは是非ご覧下さい。

 その他の放送も随時アップ予定ですので、すべて揃うまで、もうしばしお待ち下さい。

 また、このブロマガ専用の公式twitterを立ち上げております。ドクター苫米地ブロマガ委員会という名前です

 https://twitter.com/tomabechiblomag

 ブロマガや生放送、その他に関する情報などをツイートしていきますので、ぜひフォローをお願いいたします。

 


「仮想の自分」と「過去の自分」を捨てよ


 さて、今回は「自分を変える方法」についてです。私はよく“今よりレベルアップした自分になるにはどうしたらいいか”といった質問を受けます

「自分は暗い性格と言われてきた。もっと明るい人間になりたい」「使えない部下がいる。どうすれば奴は変わるのか」「モテたいために、金をかけてトレンドを意識し、いわゆる“モテ服”を着ているのにモテない。モテる人の秘訣を知りたい」……一見関係のないそれぞれの願望ですが、そこには「これまでの自分」というものが登場しています。

 そこで今回は「“これまでの自分”を捨てる方法」です。私には“「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!”(徳間書店刊)という著作があり、たいへん好評を得ていますが、そこに詳しく書いたメソッドをお教えしましょう。

 私たちは、「あのときあのようにしていたら今はもっと幸せだったのに…」という考え方に陥りがちです。

「もしあの時、あの大学に合格していたら…」

「結婚せずに仕事を続けていたら…」

「あの時、あの失敗をしなければ…」

 今頃はもっと幸せだっただろうな、という考え方です。

 しかし、過去に戻って選択をやり直したり、失敗を取り消したりすることは不可能です。

「あの時、ああしておけばよかった」と考えることには、何の意味もありません。「こうなっているはずの自分」という「仮想の自分」は

頭のゴミの発生源です。これから捨てていきましょう。

 過去をくやむ人は過去の延長線上で未来を考えます。

「昔から自分は気が小さいから、人の上に立つことなどできないだろう」「昔から自分はモテないから、高望みしても無駄だろう」という考え方をします。

しかし、もっと活躍したい、もっとモテたいという願望はあるでしょう? 願望はあるのに、過去をベースに自分を押さえ込むからそこで葛藤が起きてモヤモヤするのです。

「自分の○○なところを変えたい」と思う。でも変えられない…。

 いいえ、変わることはできるのです。

 

世界は過去の記憶で成り立っている


 脳の話をしてみましょう。

 私たちのほとんどは、過去の記憶をもとに、「自分はこんな性格だ」「自分の能力はこの程度だ」と考え、自分の未来を過去の延長線上で考えます。

 そのように過去ベースで物事を見てしまうのは単に私たちのマインドの持ち方の話ではなく、脳の機能そのものにも要因があります。

 私は長年脳機能の研究をしてきましたが、脳機能の研究が進むにつれ、実は脳は通常の状態では大した情報処理能力を発揮していないことが分かってきました。ただし、脳は、ものすごい働きをしているように見せかけるのが非常に上手なのです。

 どういうことかというと、私たちは家族や上司の顔など毎日たくさんの顔を見ていますが、実際は見ていません。実は脳は毎日「昨日見たものを今日も見た」とよそおっているだけなのです。といっても過去の情報がすべて記憶に入っていて、それを海馬がリアルタイムで引っ張り出して意識に貼り付けるということではありません。脳は情報を引っ張り出すことさえしていません。実際は見ていないのに、見た気にさせているのです。

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
ゴールの設定が重要だと思います。

が、自分ではなかなか設定できないです。

苫米地式コーチ取得の方にコーチングしてもらいます!


セルフトークがものすごい自分のドリームキラーだと最近気づきました。
83ヶ月前
×
「これまでの自分を丸ごとすてる」なんて出来るのですか?

出来るならば、捨ててしまいたいです。
83ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。