ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

「世の中、お金がすべてかどうか」という問いについて
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「世の中、お金がすべてかどうか」という問いについて

2016-08-21 21:21
    読んだ↓

    「世の中、金こそすべて」←この主張に反論できる?
    http://news.nicovideo.jp/watch/nw2352205?news_ref=nicotop_topics_topic

    世の中、お金がすべてと思う人もおると思うけど、そうは思わない人もいるし、
    あまり深く考えない人もいると思うのぜ。
    深く考えないのが一番楽やね。

    だから、ワイにはわからん。と答えるのぜ。

    ただ、思ったのは、

    ・お金は世の中で生きるのに必要である。

    ということ。

    数学みたいに言うなら、

    生きていれば、お金をもっている。
    お金を持っていることは、生きるための必要条件である。

    ということやね。

    論理矢印をつかって表すと、

    「生きているならば→お金を持っている」

    これはありそう(借金があってマイナスでも、手元か口座にお金はあるやろ?)。

    ただし、

    お金を持っていれば、生きている。
    「お金を持っているならば→生きている」

    というのは、成り立たないと思うのぜ。
    死体がお金を握って居たり、死んだ人の口座にお金があったりすることもあるけど…
    お金は生きるための必要条件であっても、
    「お金さえあれば十分(ほかはいらん)」という十分条件ではない。

    なにより、お金は、

    交換する対象があって、はじめて価値を持つもの

    だと思うのぜ。
    そこからさらに、

    お金の価値が、交換する対象の価値を上回ることはない。

    とも言えそうなのぜ。
    そして、世の中には、

    お金で交換できない性質のものがある

    ことも確かやと思いますのぜ。
    例えば、

    お金をもらっても、奴隷になりたい人は少ないんやないかな。

    期限付きとかでなく、奴隷のまんまやったら、いくらお金があってもきついやろ。
    時間的な自由もないし、コチラの意思をお構いなしに、
    主人の思うことをなんでもやらされるとか。

    しかし、

    お金をもらって奴隷になる類の人は存在する。
    それが、
    「世の中お金がすべてだ」
    と断言する人たちだと思うのぜ。

    お金が万能であると信じるがゆえに、自分をも売り渡すことになる。

    ブラック企業・ブラック部署で文句を言わず働いて、過労になって命を落とす。

    ワイは思う。

    お金は便利な道具であって、必要なエネルギーではあるが、
    崇めたり拝んだりする神みたいなものでは、たぶん、ないと。
    お金自身は意思を持たない。

    いくらお金を持っている権力者でも、オカシイことを言っていたら、
    それに従うのでなく、オカシイと思うところを言える世の中がいいと思うのぜ。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。