• Blenderについて

    2018-04-01 21:19

    1.はじめに―あるいは注釈―

    久しぶりの投稿になります。まず断っておかなければならないのですが、この記事はBlender機能やCGについての講座ではありません。

    文字通り”Blenderについて”の自分が持っている知識を書き連なってみよう、という記事になります。

    また、この記事で書かれている内容は間違っている箇所があるかもしれません。
    というのも、CG業界に関わらずBlenderという名前のソフトがあることしか知らない方向けにソフトの説明をする際、しばしば(これってソースのある知識だったっけ……?)と自分に自身がなくなることが多々あるからです。
    ですので、改めて自分でまとめて整理してみようと思い筆を取りました。
    間違っている、もしくは情報源不明の箇所ついて知見がある方はドンドン指摘してもらえるとありがたいです!

    2.Blenderとは?

    Blender公式サイトであるBlender.orgからの引用を織り交ぜると、Blenderとは3D機能をメインとしたフリーのオープンソースソフトウェアです。
    ここで言われているフリーの意味は無料ではなく、誰でもどんな目的でも永遠に自由に使うことが可能という自由のフリーです。それに内包する形で無料で使えるようになっています。

    唯一ライセンスで禁止されている点はBlenderに関するプログラムの入手を制限することになります。(注:販売が禁止されているという旨の記載をしていましたが、間違いの指摘を頂いたため改稿しました)
    アドオン等販売は行っても良いですが、Github等で公開して誰でも入手可能なようにする必要があります。これらの詳しい記載はライセンス項目で読むことができます。また、これに関する議論はこちらで確認することが可能です。

    もちろん公式にお金を支援することも可能です。公式サイトのトップをスクロールするとすぐ支援金を歓迎している記載が出てきます。この辺の支援周りの話は詳しく後述しますが、決してお金を支援すべきという意図はないことは先に明言しておきます。
    ユーザーの在り方も自由なソフトです。わざわざ言う必要はないかもしれませんが、念の為。

    3.Blender公式

    よく自分はBlender公式という言葉を使うのですが、厳密に言うとこの辺はもう少し複雑だったりします。

    本来は歴史や成り立ちから詳しく紐解いた方が良いのですが、冗長になりそうなので公式サイトの該当ページをリンクしておきます。気になる方はどうぞ。元々は商用ソフトウェアでした。

    まず、最高責任者として生みの親であるTon Roosendaalが居ます。人となりを知りたい方は大手BlenderチュートリアルサイトであるBlenderGuruで受けていたインタビューが濃密でしたので紹介しておきます。この方です。

    彼がBlenderのオープンソース化に当たってBlender Foundationという団体を設立しました。そのまんま財団という言葉が当てはまる存在になります。
    その財団の活動の一環として支援金を集めてアーティストを雇いElephants Dreamという作品が作られました。オープンムービープロジェクトの先駆けです。
    その反響を得てアムステルダムに開発者とアーティストが同時に働けるスタジオであるBlender Instituteが設立されました。

    ここから、このスタジオがBlender開発の中心となっています。スタジオがどんな雰囲気なのかはオープンムービー最新作であるAgent327のメイキングで分かるかと思います。本編はこちら。猫飼ってますよこのスタジオ。

    働いている開発者もアーティストも一流で、開発者の方は博士号持ちがたくさんいる!程度の見識しかなくてお恥ずかしいのですが、アーティスト側は元ピクサーやLEGOムービーでアニメーターやっていた方などがごろごろ居ます。
    基本的には作品制作と開発が結びついていて、例えばTears of Steelではトラッキングと実写合成機能強化が行われたり、もうすぐ公開予定のHeroではグリースペンシル機能をスタジオ制作に使えるよう機能開発が進められています。(Heroは制作がスペインのPepelandと少し特殊なのですが、後述します)

    これもあって、Blenderはコンポジットや動画編集までこなせるようになっています。ちなみにテクスチャ制作やコンセプトアートでは同じくオランダで開発されているOSSのKritaが使用されています。こちらもとても良いソフトなのですが日本での知名度が薄いのが少し悲しいです……。
    閑話休題

    よくBlenderはユーザビリティが悪いという評価を目にしますが、個人的にはここまでアーティストに寄り添っているソフトは他にないと思っています。
    とはいえ初心者向けというわけではなく、元々Blenderを使える人の為のソフトになっている感は否めないですが。この辺はBlender2.8以降で改善していく予定です。

    もちろんBlender Institudeだけで開発を行っているわけではなく、開発に関わっている方は世界中に居ます

    また、毎年アムステルダムではBlender ConferenceというBlenderの世界規模のユーザーミーツアップが開催されています。Blenderに関する様々なことを発表し合う会で、講演動画はこちらの再生リストで年毎にまとめられています。


    4.Blenderへの支援

    Blenderへの支援の仕方は様々です。Blender開発に参加する・バグ報告を行うといった技術的関わりであったり、Blender作品を公開したり、翻訳を行ったり、チュートリアルを作ったり、質問に答えたり、何でしたらBlenderの紹介をするだけでも支援になります。「Blenderはイイゾ!」
    しかし今回は、お金についての支援を詳しく記述していきたいと思います。
    Blender公式に金銭的支援を行う方法はいくつかあります。

    一つは、Blender.orgの寄付ページからです。PayPalや仮想通貨などでも寄付を行うことができます。こちらで誰が寄付を行っているのか・総額どのぐらいか・基金はどのような用途で使われるのか確認できます。AMDを筆頭に様々な企業・個人がスポンサーとなっています。

    二つ目は、Blender Instituteが運営しているBlender.cloudの有料会員になることです。こちらのサイトではオープンムービープロジェクトのレポートや上質なチュートリアルが揃っています。無料会員でもある程度は閲覧が可能ですが、オープンムービーで作られたBlenderファイルなどは有料会員登録することでダウンロードできるようになります。先述した通りBlender Institudeで働くアーティストは実力者ばかりのため、これで月額9.9ユーロはかなり太っ腹です。

    三つ目は、公式グッズ販売ストアで買い物をすることです。Tシャツやアート本等が販売されています。BlenderCloudの有料会員登録もこのストアを通して行います。最近だとロケットUSBで利用した方も多いかと思います。

    他にもBlenderMarketなどの売り上げの一部を公式に還元しているサイトを利用することでも遠回りですが資金支援になります。この辺からは細かくなるので割愛。寄付者一覧から確認できるサイトが該当します。

    また、特殊な場合に改めて支援金募集を行うときもあります。2月に行われたCodeQuestがそれに該当します。後述しますが、個人ではロケットUSBを買うことで支援できました。

    ちなみにオランダはOSSに明るい国で、支援も豊富という知識をどこかで聞いた覚えがあるのですが、いかんせん情報源が見つからず眉唾です。この当たりご存知の方がいれば是非ご教授頂ければと思います。

    5.Blenderを仕事で使う

    公式が運営を行っているBlenderNetworkではオンライン上で仕事のマッチングが行われています。個人・企業別に年会費を払うことでBlender開発者やBlender認定トレーナーをはじめとした世界中のBlender使いと公的なやり取りを行うことができるようになります。規約はこちら。

    また、実際に仕事で使用された事例はBlender.orgのユーザー利用例でもまとまっています。NASAにもBlender使いが!

    Blenderを使用している映像スタジオ単位では、公式へ支援も行っているTangent AnimationNimbleCollective等があります。Tangent Animationは100人規模でMAYAを使用していた状態からBlenderへ移行しました。

    制作を通してBlenderを発展させている方々も居ます。先述したスペインのPepelandでは代表のDaniel M lara氏グリースペンシル開発を推進していたり、MAD Entertainment作品制作を通してRigify強化を行い、公式に還元していたり、DF VFXとして活動されているDennis Fassbainder氏はFracture Modifier BranchFlip Fluid addonのプロデュースもされていたりします。
    他にもメキシコ・インド・ベトナムなどのスタジオで導入している情報は得ていたのですが、スタジオのお名前を失念してしまいました……。情報あればお待ちしています。

    個人やスタジオ単位でワークフローが完結したり、CGを新導入したりする際にBlenderが使用される傾向にあるようです。日本も以前と比べてBlenderを仕事で使う方が増えたかと思いますが、おおよそ同じ傾向だと感じています。


    6.Blenderのこれから

    現在Blenderの最新バージョンは2.79b、2018年の残りは2.8シリーズのリリースへ向けて開発が集中しています。2.8では先述したグリースペンシルの強化やリアルタイムエンジンであるEEVEE(Extra Easy Vertual Environment Engine)の実装、他にはレイヤーシステムや依存グラフといった根本的なデータ構造の改善に"Blender101"というユーザー毎にUIを最適化するシステムなどをメインターゲットとしています。他にも、先述したFracture Modifier Branchを公式統合する動きもあります。

    2.8シリーズは一つの完成形としての3.0の前段階として、よりプロダクション利用しやすいように開発されていくそうです。ゆくゆくはEverything Nodeといってモディファイア・コンストレイント・パーティクル等もノード制御可能にしていくなどの計画があります。

    詳しい内容は定期的に進捗報告されている記事動画がありますのでこちらをどうぞ。

    このように、ここ数年の動向と比して2.8開発は2.4から2.5へバージョンアップしたときのような大掛かりな開発となっています。
    まずは夏のSIGGRAPHへ向けてベータ版の公開を目指し、4月から世界中に散らばるメイン開発者をアムステルダムに集めて集中開発を行うCode Questの実行が予定されています。このために募集した寄付はロケット販売が2850個越え、スポンサー企業も先述した会社さんたちを始めIntelなども名乗りを上げました。このための新しいオフィスも決まったようです。

    開発中の2.8はデイリービルドとして公式からダウンロードが可能です。こちらの特設ページではEEVEEを使用したデモファイルもダウンロードできます。

    7.終わりに

    つらつらと書いていたら思っていたよりも長くなってしまいました。ほぼ自己満足のための記事となってしまいましたがここまで読んで頂きありがとうございました。
    今回はあえてチュートリアルサイトやコミュニティサイト等の情報は省いて、普段日本語ではあまり触れられていない情報を中心にまとめてみました。
    はじめに書いた通り間違っている点・有益な情報などありましたら教えて頂けますとありがたいです。書き忘れや訂正は都度更新していければと思います。


  • 広告
  • Blender海外チュートリアルサイト・チャンネル備忘録

    2016-08-27 13:15
    ちょっと最近「あの動画の人どのチャンネルだったっけ?」って探すのも嫌になってきたのでここでまとめて共有化します。自分が忘れないようにコメント付き。

    Blender Cloud
    絶対唯一の公式チュートリアルサイト。月約€10でオープンムービーのファイルや公式のチュートリアルDVD、テクスチャ見放題使い放題。BlenRig5等無料コンテンツも多数。

    Blender Artist
    Blenderの海外フォーラム。日々、アドオン開発や作品投稿、議論質問討論が活発に行われている。

    Blender Nation
    Blenderのニュースサイト。チュートリアルが流れてくることも多い。寄稿がメインだがツイッターを見ていると積極的に情報集めをしている姿が見える。

    BlendSwap
    Blendファイルの投稿サイト。フリーで落とすことも可能で、研究やチュートリアルの発掘に大変役に立つ。自分の作品に使う際はCreative Commons表記をしっかり確認すること。

    CG Cookie
    こちらも大御所有料サイト。月額$23でBlender Cloudと比べると割高だが、Blender Cloudの方が安すぎるだけ。Retopo Flowも開発している集団でチュートリアルも非常にわかりやすい。改装前の有料チュートリアルが詰まってるArchive等無料コンテンツもあるのでまずはそちらから見て雰囲気を掴むと良いかも。

    CGMasters
    Blender Open Movieに関わっていた方々が立ち上げたチュートリアルサイト。ビデオチュートリアルが主なコンテンツだが、フリーでもかなり大事で為になることを説明している物が多い。

    Lynda.com

    このまとめを作っているときに見つけたサイト。有料であり自分は利用したことはないがQuixelと組み合わせたチュートリアルも見えたりして期待度が高そうなので記載。

    Blender Guru
    Blender界のアンドリュー君のサイト。高品質なチュートリアルが無料で閲覧できるだけでなく、有料アセット等も売っている。

    Creative shrimp
    声が良いと話題のGleb Alexandrovさんが主導のサイト。飛ばし飛ばしながらも分かりやすくまとまってオシャレな結果を得られるチュートリアルが多数。有料で販売している物もある。

    BlenderDiplom
    エフェクト系・モーショングラフィックス系チュートリアルが多数。Animation Nodeの入門もできるぞ!

    BlenderNPR
    アニメ系の表現が主なサイト。自動線抽出ノードグループ配布や、有料チュートリアルも。Blender Renderをよりアニメ向きにするための開発寄付募集も行っている。

    BLENDERTUTS.COM
    有料・無料共に独特な作風のチュートリアルが多いサイト。自分のツイッターのヘッダー画像もこちらのチュートリアルをやった物だったり。

    3DTotal
    3D全般のチュートリアルサイト。多様なソフトのチュートリアルが集まっておりBlenderも多数。後述のP2designのチュートリアルも載っている。

    PEPE-SCHOOL-LAND
    チュートリアルサイトではないが追加。スペインBlender界の重鎮でグリースペンシル開発の船頭を務めたDaniel M Lala氏による学校。下の方のVimeoチャンネルでは生徒のアニメーションを見ることができ、Blenderで作られたものも多数ある。

    Planet Blender
    最近出来たサイト。プロシージャル系Cyclesマテリアル等のチュートリアルがあったり、.blendファイルダウンロードも可能。

    reynantemartinez.com
    化け物Cycles使いのサイト。チュートリアルも品質が高いが何よりFreeBiesから.blendファイルを無料で手に入ることが大きい。
    有料でもCycles Material Vaultというマテリアルアセット+チュートリアルを販売している。

    Blend4Web
    独立系Blender開発集団最大手(多分)、WebGL系のためのBlenderアドオンを開発しており、参考になるチュートリアルも多い。

    CGgeek
    CGMastersの一員。長い物が多いが完成したときの満足度や得られる物が大きい。VFX系でチュートリアルの.blendを配布しており、数少ないフリーのトラッキング機能解説もある。

    Sardi Pax
    初心者からは脱したかな?という方におススメのチャンネル。手軽に満足な結果を得られるチュートリアル多数。1時間クラスのはちょっと……という人は是非こちらをどうぞ。

    tutor4u
    こちらも脱初心者におススメのチャンネル。基本の基本を学ぶことができる。

    Bandyte
    ゲームエンジン系やお手軽なチュートリアルが多い。

    BlenderHD
    後述のP2designの方の有料チュートリアル動画プロモーションもあったりと、情報不足でどういう主旨のチャンネルかは知らないが有用なチュートリアルが多い。

    P2design
    強力なチュートリアルが目白押し。有料の物もおススメが多し。SketchFabとの連携チュートリアルがあるのも良い。.blendファイルの配布あり。

    AgenZasBrothers
    スカルプトやルック構築等参考になるチュートリアル多め。最近英語の物も一緒に投稿するようになった。

    Daniel Kreuter
    日本的アニメ表現を追求してらっしゃる方。人体モデリングも1から10まで全部録画されており、自分の初人体モデリングはこの方の動画を見ながら作成した。

    dillongootoo
    RWBY第3シーズンでアニメーターとして参加されていた。『Katsu Cats』は本編もメイキングも必見。

    masterxeon1001
    HardOpsの作者。最近はHardOps物が多いが昔のモデリング動画等持ってない人にも参考になる動画は多い。

    Luxxeon3D
    3Dプリントを目的とした幾何学的なモデリングチュートリアル多め。

    toki FX
    幾何学的なモデリング多め。

    Kenan Proffitt
    VFX系のチュートリアル多め。

    Blind Illusionist
    VFX系。oceanモディファイアの知られざる機能の解説も。

    Light BWK
    BlenderNPR所属の方。NPR系のチュートリアル多数。

    minusT

    言わずと知れた弾幕動画の方。チュートリアルも多いのでチェックチェック!

    Max Puliero
    一応海外と謳っているこのまとめに入れようかどうか迷ったけど、海外生まれの方なので入れる。最近は日本で唯一のリアル系でBlenderを使っていることを公言している会社スタジオグッファの取締役をされている。

    Hokiroya
    Blenderのみで生き物・クリーチャー等のモデリング~レンダリングコンポジットまで一連を動画にしている貴重なチャンネル。とにかく上手い。凄い。

    Yusuf Umar
    スカルプトメイキングから頂点ペイントでのリアルタイムプレビューと非常に参考になる。.blendファイルも配布している物も。アドオン配布あり。

    Tony Step
    スカルプトとポリゴンモデリングを併用している動画多数。非常に参考になる。

    Daniel F. R. Gordillo
    スカルプトのメイキング等参考になる。

    AlbertoCorderoArt
    スカルプト参考。

    Chris Vian
    スカルプト参考。

    Алексей Ковалев
    ここをまとめているときに見つけた。3Dプリント系?スカルプト力がかなり高い。後で見る。

    BlenderBrit

    PBR系・サブスタンス等との連携チュートリアルが多い。

    CynicatPro
    PBRやモデリングのチップスが多い。意外と知らない機能解説が多かったりでかなり参考になる。

    XRG81
    テクスチャペイントがメインのチャンネル。Blenderのテクスチャペイントはこの方のチュートリアルをやれば大体安心。

    Pawel P.
    こちらもテクスチャペイント系。非常に参考になる。

    Blender Sensei
    多種多様なチュートリアル・アドオンを輩出している。

    Jacques Lucke
    Animation Nodesの作者。機能解説している動画多数。

    Jimmy Gunawan
    自分の中で話題の最近来ているチャンネル。Animation NodeとSverchokのチュートリアルをかなりハイペースで投稿されている。

    cfirwin3
    BlenderのOpenGL周りのハックを主とするチャンネル。便利なレンズフレアの配布もしている。

    PartnersinCrimeGFX
    Blenderでのモーショングラフィックスをひたすら追求しているチャンネル。.blendも配布しており日本のモーショングラフィックス界の方是非チェックを。

    BlendMaster
    エフェクト系のチュートリアル動画多数。

    Blenderpedia
    背景チュートリアルが多い。

    Wayward Art Company
    背景系。テクスチャペイント解説もあり。

    Хан /Khan
    メカ物のモデリング動画多数。非常に参考になる。

    3DHaupt
    メカ物のモデリング動画が大量にある。

    Quentin Le Duff
    モデリング動画多数。

    Alex Telford
    モデリング動画や、アドオン配布も。

    manu manohar
    モデリング参考。

    1D_Inc
    気合の入ったモデリング動画多数。細かいレリーフは気合なんだよ!


    YOGYOG
    Blenderの動画編集機能を中心とした解説。

    William Thorup
    Krita使い。Blenderで背景下地を作るメイキング動画がいくつかある。


    Rico Cilliers
    Hairの使い方を中心にメイキング・チュートリアル。上手い。


    MultProsvet
    Blenderで厚塗り動画を投稿されている方。グリースペンシル等とても参考になる動画が多い。

    Iago Mota
    クールなエフェクト系。

    SomeKevin
    背景を中心としたスピードモデリング動画多数。コンポジットも参考になる。

    Midge Sinnaeve
    モーショングラフィックス・モディファイア芸。アート的で見せ方が上手い方。

    Yanal Sosak
    スカルプトが中心。ほぼ毎日更新のBlenderTips。ネタは細かいけどとても助かるものばかり。
  • Blender:ウェイトペイントの罠の対応法

    2016-04-21 01:15
    ウェイトペイントを使っていて、頂点マスクにしてVertex Weightsを確認すると、ウェイト1で塗った筈なのに0.998になっていたりだとか、0にしたつもりなのに0.002になっていたりという経験はあるでしょうか?


    これの自分なりの対応法を記していきます。

    まず、Blenderのデフォルトのウェイト色が見にくいのでカスタムをします。
    ウェイト値が0のとき、1のときにはっきり分かると確認もしやすいです。
    (0のときに黒にするだけなら、ツールシェルフのOptionsタブ→Show Zero Weightsを使うという方法もあります)


    User PreferencesのSystemにあるCustom Weight Paint Rangeにチェックを入れます。
    補完のカラーモードをHSV、補完方法をCounter-Clockwiseにします。
    画像からでは分からないですが、0に黒・0.001に青・0.999に赤・1に白という設定にしています。
    すると、見た目が以下のように変わります。



    これで一々頂点マスクにして頂点を選択して確認する必要がなくなりました。
    さて、それでは本題である0.998問題の対処法です。

    これの原因は使っているブラシの"Curve"です。


    これどういうことかというと、ブラシの入り抜きがスムーズになるように設定されているということです。
    極端に言えば、エアブラシを使っているような感じです。そりゃ思った値にならないわけですよね。

    解決法は簡単。2値ブラシのような設定にすれば良いのです。カーブ下で用意されている補完方法の一番右側をクリックしましょう。



    これで、現在のブラシのウェイト値がダイレクトに塗れるようになりました。
    自分はこれに加えて、Paint Palletesアドオンによるウェイトパレットを使うことで効率化しています。好きな値を10個まで保存することができるので楽です。