ポルノグラファー インディゴの気分/動画/1話//pandora/Dailymotion/9tsu/miomio
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ポルノグラファー インディゴの気分/動画/1話//pandora/Dailymotion/9tsu/miomio

2019-07-21 14:26
    インディゴの気分

    2019年7月23日25時35分からフジテレビで『インディゴの気分<Tナイト> #01』が放送されます

    放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

    (無料視聴できます)


    ↓ ↓

    インディゴの気分


    インディゴの気分 /番組内容




    都心のバーで二人の男が呑んでいる。官能小説家の木島(竹財輝之助)と、その担当編集者の城戸(吉田宗洋)だ。「なんとも説明しづらい関係」を漂わせる2人。いったい2人はどんな関係なのかーー。 数年前、既にポルノ小説の編集者であった城戸は、恩師の葬儀で大学の同級生だった純文学作家の木島と再会した。2年間同じゼミであったにもかかわらず城戸の事を全く覚えていなかった木島は、城戸や友人の通夜振る舞いへの誘いを断り、足早に1人式場を後にする。通夜振る舞いに参加した城戸は、式場を出て社用車で都心へ向かうその途中、道を歩く木島に遭遇する。帰りの電車賃が無く、歩いて帰宅するつもりだと言う木島を車に乗せ、城戸の車は都心へ向かって行く。同棲していた彼女に追い出され、会社に寝泊まりしていると言う城戸を、送ってくれた御礼にと今度は木島が自宅へ招く。「有り難い」と木島の自宅に泊まらせてもらう事にした城戸は、そこで未納の振込票や督促状の束を目にする。出版社の担当と喧嘩別れしたという木島は、今まったく仕事をしていないという。創作にも行き詰まり困窮している様子の木島に、城戸は自分が担当している官能小説のレーベルでの執筆を提案するが木島は「ポルノは文学ではなく道具だ」と吐き捨てる。それでも「木島のファンだ」「書き続けて欲しい」と訴える城戸に木島の心は動き始めるーーー



    インディゴの気分 キャスト



    竹財輝之助  吉田宗洋  深谷由梨香  鶴町憲  加藤藍子  的場司




    男だけの世界が彷彿とさせるドラマです。

    女性に興味がないのは、人間として異常なのか?

    正常なのか?疑問に思えます。

    官能小説家の木島先生と、担当編集者の城戸が愛し合ってるので、前回の久住君はどうしたのか?気になります。

    久住君は、火遊びの相手だったのかもしれませんが、立場が弱い久住君は木島先生の思い通りにさせられてしまいました。

    本命の城戸は、原稿を取りに行くだけの間柄ではないので、部屋に入るといろいろなことをしてしまいます。

    経験から学び、それを小説に書き写すことで、リアル感を出していました。

    妄想だけでは書ききれない切ない想いは、木島先生にとってストレスになってしまいます。

    お互いのチンポをしゃぶることは、なかなかできないですがしてしまうのは、自分を壊したい気持ちがあるからです。

    重なりあって、その人の温もりを知り、一度や二度では終わらないのが、ゲイの怖さです。

    女性では脳の構造が違うので、理解できなくて男が男に走るのだと思います。

    小説家を続けている間は、ずっとこの状況が続くのかと思うと嫌な感じがします。

    狭い視野で考えている男たちは、ずっと女性に興味を持つことはないでしょう。

    まさにインディゴな気分です。



    【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】tver(ティーバー・ディーバー)で見れないときは

    下記で

    (無料視聴できます)

    ↓ ↓

    インディゴの気分

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。