フレームアームズ前回の続き
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

フレームアームズ前回の続き

2016-12-17 23:41

    前回の逆関節FA「エドバ・クーフ」ですが腕にコボルドのパーツを使っていました。
    しかし折角それ以外をMSG(とプラ板とかプラ棒)で作ったのだから、
    腕も同じようにしたい。
    そこでフリースタイルバズーカのパーツでなんとかでっちあげました。
    改修案をイメージして2種類のプランを用意しています。


    まずは両腕とも武器腕(ストロングライフル)として、頭をアンテナ型(ミサイル&レドームとフレキシブルアームBから流用)に換装したプランA。
    脚部は逆関節のままとなります。


    背部のスラスターとプロペラントタンクは上に移設しています。
    何故なら肘がぶつかるようになったから。


    基本的な運用は「待ち伏せる->撃つ->よっしゃ逃げろ」となります。
    対戦車自走砲を意識しました。

    対戦車自走砲っていいですよね、こう、響きが。
    「意地でも戦車やっつけてやる」的な執念を感じます。


    脚の隠しライトセイバーはそのまま装備しています。
    突っ込んできた敵に対する自衛用になります。


    こちらは両腕とも通常のマニピュレーターとし、脚部も通常の2脚として汎用性の向上を狙ったプランBとなります。武装はマシンガンとハンドガンが装備されます。
    頭部は初代ACのHD-2002やVF-1A、VF-11等、つまり河森さんのメカの影響を受けたものです。あとはOZのMSとか。


    脚にエクシードバインダーのアームをスラスターポッドに見立てたものを追加装備しています。中央の3㎜ピンがスライドするのでホルスターを取り付けてハンドガン使用時に手許に届くようにしています。


    前回、脚を通常2脚にするとライトセイバーが入らないと言ったな。あれは嘘だ。
    すいませんアーキテクトのスネパーツを前後逆にしたら難なく入りました。


    ライトセイバーはプランAと違い手に持って使うことも出来るので、こっちの方が接近戦はなんぼかマシだと思います。

    とはいえ、どっちのプランも「そこらのパーツ引っ掻き集めて仕立て上げた」ものなので性能的には「アントぐらいなら何とか」というレベルです。

    以上となります。
    また何か思いついたりしたら手を加えるかもしれません。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。