フレームアームズ 榴雷・改 試製湿地戦装備仕様
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

フレームアームズ 榴雷・改 試製湿地戦装備仕様

2017-07-08 20:34


    今回は榴雷・改に
    ・でかいバズーカ
    ・縦長の頭
    ・スワンピークラッグ(ボトムズのダイビングビートル等が装備している湿地用のかんじき)
    上記を装備したものを作りました。


    頭はセレクターライフルの火炎放射器から切り出した物を使用しています。
    上部側面の凹みにフィルタリングリキッドを使いましたが、ちょっと塗布するだけでも結構効果ありますね。
    バズーカはリボルビングバスターキャノンにプロペラントタンク丸をそのまま付けただけです。


    肩幅はそのままだと窮屈な印象があったので拡大しています。
    股関節も広げた方が良かった感じがするので、機会があれば手を入れたいところ。


    バックパックはスパイラルクラッシャーのパーツを中心に作りました。


    スワンピークラッグを展開するとこんな感じ。可動範囲があまり広くないため接地性が良くないという存在意義を疑う問題があるのでこれも手を加えたいところです。

    なお名前が長かったため「泥まみれだしこれでいいだろ」的な上官の判断で「泥雷」と命名されましたが、不評だったので「英語にするとマッドサンダー」と言い張ってゴリ押ししたという経緯を持たせています。綴り違いますが。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。