フレームアームズ クファンジャル爆撃仕様「ノスリ」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

フレームアームズ クファンジャル爆撃仕様「ノスリ」

2017-07-08 21:35

    クファンジャルを作りました。
    バックパックと膝から下を換装していますが、それ以外はクファンジャルそのままです。
    機体色は機体名にもなった猛禽類「ノスリ」の色を参考にしています。
    ノスリを選んだ経緯は「会社から帰る途中に岩の上でふんぞり返ってるノスリを見かけた」から。


    主兵装は6連装機関砲、投下型爆弾12発、ライトセイバー2本となります。
    ダグラスA-26インベーダーやノースアメリカンB-25ミッチェルのハードノーズ機を意識しています。
    対地攻撃に特化しているため空戦FAが相手となると相当に分が悪く、制空権下での運用を前提とします。


    バックパックは飛行時に変形し、翼を展開します。
    非展開時は主翼を上に折りたたむことでグリプス戦役のMSによく見られるバインダーを意識しています。


    6連装機関砲は瞬間的な投射量はともかくとして、同口径のガトリング砲に比べて射程、精度、弾速、貫通力などほとんどの性能に劣るため、視察に来た司令官にグーで殴られる程度には叱られたという設定にしています。


    爆弾はMSGのボムセットから手榴弾を集め、航空爆弾を意識した塗装にしています。
    中央部分の合わせ目が気になった&消すの面倒そうという理由でハイキューパーツのジーレップを貼り付けています。


    脚は以前作ったMSG寄せ集め機体と同じ手法でフレキシブルアームAを臑装甲に見立てているので同様にライトセイバーを装備しています。
    前の機体では自衛用の装備でしたが、この機体では上空から斬り掛かる装備として積極的な運用が想定されています。


    連装砲を使った足は結構気に入っています。
    それとセレクターライフルの連結用パーツはちょっとした装甲としては実に使い勝手が良いと思います。

    「フレキシブルアームAの臑にボムセットの手榴弾をいっぱいくっつけたら爆撃機っぽくならないかな?」というところからスタートした機体で、6連装機関砲の組み替えだけで4日掛かったりバックパックだけで3日掛かったりと難産でしたが、なんとか出来てくれてなによりです。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。