ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • That Lucky Old Sun

    2019-03-24 15:33
  • 広告
  • Crazy Love

    2019-03-01 00:14
  • 凶暴なるJAZZギタ-     Trippin'/Jean-Paul Bourelly

    2016-11-28 22:18
    1. Trippin'
    2. Funky Senator
    3. Garden Of Love
    4. Love Crime
    5. Supernatural
    6. Stranger
    7. Wild & Lonely
    8. Diamond Ring
    9. Sing The Melody
    10. What Do You Really Stand For?
    11. Sanctuary

     
     ジャン・ポ-ル・ブレイリ-、'92年の第2作。当時ジャズ界の中で最もジミ・ヘンドリクスに近しい音を出していた巨漢。表題曲「トリッピン」(1)、はファンク・ロック・ギタ-の「ク-ルで熱い」という正しく矛盾したサウンド。イントロのリフで掴みはオッケ-の技あり。
     歌はヘタウマの域かと思われるが、それもまたジミ風味。出自はまごうことなきJAZZフィールドながら、凶暴にうねるギタ-は、ブラック・ロック路線まっしっぐらでありました。
    (その後、ジミのトリビュ-トアルバムを出してます、当然の如く。)