【xismo】ペン・カッター・押出機能を使って家を建てよう
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【xismo】ペン・カッター・押出機能を使って家を建てよう

2016-04-27 23:30
    前回の前のめりな感じからトーンを落としつつ、今回はタイトルの通り、主にペン・カッター・押出機能を使ってシンプルな家を建ててみましょう。




    まずは前回と同様、立方体>シェーダ>材質割り当て>ポリゴン化、を行います。

    ここで、カッターツールに切り替え、立方体にマウスカーソルを持って行くと赤い線が現れて、クリックすることでその線に沿ってループ状にカットされます。

    思わずカットしてしまった場合、いったん戻って(Ctrl+Z)、ツールパネルにある「切断幅を固定」にチェックを入れて、数値を50%の状態で先ほどのようにマウスカーソルを持って行きましょう。


    ちょうど真ん中でカットされるようになります。


    クリックして確定し、ユニバーサル、もしくは移動ツールに切り替えて上面の真ん中の辺を選んで上に持ち上げます。


    次に押出ツールを使います。


    屋根の部分にあたる面を(Shiftキー押しながら)複数選択し、押出ツールに切り替え、選択した面を右側にドラッグしてみましょう。



    屋根部分が押し出されました。しかしこのままでは見た目が蔵のようなので、押出ツールで軒先に当たる部分も作ります。


    面を選択して押し出し


    選択して押し出し



    家っぽい形になりました。

    次に煙突部分を作ります。押出ツールのまま、ツールパネルで「オフセット」に切り替えます。切り替えた後に、煙突をつけたい側の面を選んで、先程と同様右側にドラッグします。


    すると今度は、選択した面の内側に新しい面が作成されました。この作成された面を煙突部分にしていくために、ユニバーサル、拡縮ツールでできるだけ正方形になるように形を整えましょう。

    次に、押出ツールで煙突を作って完成、といきたいところですが、押出ツールでは面の向いた方向(法線方向)に押し出されてしまうため、斜めの煙突になってしまいます。


    ユニバーサルツールで向きを直していくという方法でもいいですが、別の機能を使って作成します。


    煙突部分に当たる面を削除(バックスペース)して、削除した部分の辺を選択して選択部処理>ループ選択(Tキー)


    ループ選択の状態で辺を押し出し(Nキー)して、ユニバーサル、移動ツールで上に持ち上げ。


    y軸の拡縮を使って頂点の高さを整えます。向こう側の面が分かりづらいと感じたら前面化を解除してみましょう。(※拡縮ハンドルはバージョン105よりハンドルの方向にドラッグすることで調整する仕様に変更されました)

    煙突の形になりました。ただしまだ上の面が空いたままになっているので、今度はペンツールを使ってここに面を張ります。

    ペンツールを選択し、ツールパネルで「辺から面貼り」を選びます。


    辺をひとつ選択し面を貼りたい方向へドラッグしていきましょう。貼りたい辺の近くまで移動させ、そのままの状態でCtrlキーを押すことで、頂点にスナップさせることが出来ます。




    これでひとまず家の形は完成しました。

    最後に、屋根と煙突のシェーダを追加してみましょう。



    シェーダノードを追加して分かりやすいように色を変更し、ユニバーサルツールで屋根に当たる部分を選択した状態で、選択部処理>材質割り当て。

    次に煙突部分のシェーダも追加しましょう。ただし今度はペンツールの材質割り当てを利用します。


    煙突のシェーダを追加、選択し、ペンツール、材質割り当てを選択し、煙突部分をクリック。


    完成です。


    更に…、






    今回説明した機能を使ってちょっとだけ追加。

    もしも、自分だったらここをこうする…ここはこうした方がいいんじゃないか、と思ったら実践してみましょう。そして自分の思い通りの家を建ててみましょう。





    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。