琴葉姉妹ののんびりドラクエ実況Part1 10000再生を迎えて
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

琴葉姉妹ののんびりドラクエ実況Part1 10000再生を迎えて

2019-08-20 08:00
    ■初めに
     今回は今までのような各動画の振り返りではなく
     Part1の10000再生を迎え思ったことやこれからどうしていきたいかを
     書いていこうと思います。
     
    ■10000再生を迎えての謝辞
     まず初めに10000再生ありがとうございます。
     ここまでこれたのも視聴者の皆様のおかげです。
     これからものんびりとした、ちょっと笑えるような動画を作っていきます。
     これからもよろしくお願いします。

    ■10000再生を迎えて、これからの活動
     先ほども述べたように10000再生を迎えたからといって
     特別なことをするつもりはありません。
     いままで通り1~2か月に一度のペースでニコニコ動画へ投稿をしていこうと思っています。

     しかし、この節目を迎え私は一つの小さい挑戦をしたいと思っています。
     それはYouTubeへの投稿です。実はPart1の投稿は
     ニコニコとYouTubeどちらにも投稿していました。
     しかし、ニコニコはどんどんコメントしてもらえ、再生数もそれなりに伸びていく一方
     YouTubeは再生数が50ぐらいでずっと止まっておりコメントもほぼ皆無でした。
     最初の動画を投稿し終えたあとはニコニコのみの投稿に終始し、YouTubeには
     動画を一切投稿しないようになりました。
     しかしだからこそYouTubeという高い壁に挑戦してみたいと感じるようになりました。

    ■YouTubeに投稿するにあたり
     twitterでもつぶやきましたが、YouTubeに投稿するにあたり
     動画の再構成をしたうえで投稿したいと思っています。
     すでに昨日投稿したのですが、楽曲がらみで投稿はできたものの
     「著作権の侵害により一部地域(日本)では視聴できません」
     とされ視聴できない動画もしくは制限を設けられた動画が多数あります。
     
     これは確かにそうだなと思います。私の動画は著作権的にクリーンかというと
     半分ほどはクリーンじゃないと思います。
     ニコニコが緩いから許されていたのであり、その他のプラットフォームだと
     規制がかかるのは当たり前です。
     今後はニコニコ動画に投稿する動画とYouTubeに投稿する動画は一部内容を差し替え
     投稿していこうと思います。

    ■具体的な再構成の方法
     具体的にYouTubeから指摘を受けた個所は以下の楽曲が流れていた部分です。
      ・なんでも言うことを聞いてくれるアカネチャン
      ・フリージア
     なんでも言うことを聞いてくれるアカネチャンに関してはニコニコモンズにあった
     GYARIさん本人が投稿したカラオケ版を使用しており、インターネット全体で利用可能
     とあったのに指摘されたのは納得いかないですが、投稿するたびに指摘されるのも
     めんどくさいのでコメ返しのコーナーはYouTubeでは全てカットしたいと思います。
     フリージアは、こちらもニコニコモンズに落ちていたのですが、たぶんニコニコモンズに
     落ちていたのがCDから切り抜いた音声なのでこれは問題かなと思っています。
     ここは別の楽曲に変更し再構成したいと思います。

     また初期の動画ではSEが大きいというコメントもありましたので音量の調整も
     できる範囲でやっていこうと思います。

    ■YouTubeでの収益化について
     YouTubeに投稿するとなると収益化するのかどうかというのを気にされる方も
     いると思います。結論を言いますとYouTubeでは収益化を目指して投稿活動を
     していこうと思います。ここは視聴される方によっては収益化に対して嫌悪感
     を抱かれる方もいるので先に明言しておこうと思いました。
     そのための動画の再構成でもあります。
     今まで通りニコニコのプレミアム会員の方や今の画質で大丈夫という方は
     ニコニコで引き続きご視聴頂ければと思いますが、より高画質で視聴したい
     という方々はYouTubeの方の動画を視聴するのもありかと思います。
     まずは収益化には1000人のチャンネル登録者の方が必要とのことなので
     まずはそこを目指していこうと思います。

    ■最後に
     読んでいただきありがとうございました。
     正直ニコニコから飛び出してYouTubeでも投稿するとなると視聴されている
     皆様からは賛否両論を頂くことになると思っています。
     「賛」の声は気持ちよく受け止め、「否」の声は今後の活動の参考にさせて頂こうと
     思います。

     以上です。今後ともよろしくお願いします。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。