4/17 阪神対ヤクルト 5回戦 2-2△
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

4/17 阪神対ヤクルト 5回戦 2-2△

2019-04-17 22:47

    試合情報

    101112
    阪神
    ヤクルト


    データ
    本塁打大山2号2ラン
    ホールド桑原
    ホールド岩崎
    ホールド守屋
    ホールド石山
    ホールド近藤
    ホールド梅野


    投手
    阪神青柳、能見、ジョンソン、桑原、岩崎、守屋
    ヤクルトブキャナン、石山、近藤、梅野、マクガフ


    得点
    4表大山レフトポール際へ先制のツーランホームラン!阪神2-0ヤクルト
    8ウラバレンティンレフト前へ同点の2点タイムリーヒット阪神2-2ヤクルト


    戦評
    連敗とカード負け越しを阻止したい阪神

    今季2戦2敗の先発青柳は2,3回とピンチを作るも無失点と粘りの立ち上がり

    3回まで無得点だった攻撃陣は4回1死1塁から大山の2号2ランで先制に成功

    青柳は2回から5回まで走者を背負いながらも0行進
    終盤に入る6,7回は三者凡退に抑え7回無失点の好投で降板

    逃げ切りを図る投手陣だったが今日はジョンソンではなく8回に能見が登板
    しかし1死から連続四球でピンチを作ってジョンソンに交代
    ジョンソンはいきなり山田に死球を当ててしまい満塁とピンチが拡大
    続くバレンティンにレフト前に運ばれ2者生還で同点
    青柳の勝利投手の権利ガ消滅
    なお1死1,2塁もここは連続三振でピンチを脱出

    勝ち越したい打線は9回先頭糸原がヒットで出るも得点には繋げられず

    ジョンソンは9回も続投
    ヒット、犠打、暴投で1死3塁とされるも廣岡のスクイズを空振り三振
    飛び出した走者を刺してピンチを脱出

    10回表先頭梅野が出ると暴投で2塁へ進塁
    しかし木浪がバント失敗に終わると後続も続けず無得点

    その裏4番手桑原が登板するも2安打と四球で無死満塁の絶体絶命
    しかしバレンティンを本塁併殺に打ち取ると、続く雄平を5番手岩崎が打ち取りこのピンチも阻止

    打線が勝ち越し点を奪えなかったが、11回を続投した岩崎
    12回は投げるだろうと予測されていたアクシデントがあったのかドリスが登板せず
    守屋が廣岡を打ち取ると、最後は島本が上田、青木を打ち取って試合を分けた

    阪神は勝利まで手がかかりながら逃げ切れず
    しかしその後の再三のサヨナラ機を阻止し続け引き分けた


    対戦成績
    阪神2-2ヤクルト 1分



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。