ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

映画三枚颪「ターミネーター: 新起動/ジェニシス」の楽しさ。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

映画三枚颪「ターミネーター: 新起動/ジェニシス」の楽しさ。

2015-07-21 09:00

    前略、今回はターミネーターの感想を書きます。
    理由なんてどうでもいい!!
    僕は映画の感想を書くのも好きなんです。

    今回は前回とはうって変わって新作映画です。今回はこちら。

    7月10日に公開されました「ターミネーター: 新起動/ジェニシス」です。
    5ではなく「新起動」とついている通り、単なる続編ではないようで、この映画を1部として三部作のシリーズとして再出発したような形のようです。リブートってやつですね。

    結論から言いましょう。
    シュワちゃん(と今作のサラ・コナー)が好きなら楽しめます。

    具体的に点数を付けるとするなら
    ・直感的点数 74点

    ・映画的点数 65点

    といった感じです。
    ちなみに点数はただの直感です(笑)

    直感的点数が高めなのはシュワちゃん演じるターミネーターが好きっていうのと、2と今作ののどちらのサラ・コナーもが好きだからです。2のサラ・コナーがダメだったならば、マイナス20点ぐらいですかね。つまりその場合は50点台に落ちる。なぜマイナス20点もされるのかはあとで。
    そして映画的点数が65点と低いのはつまり、ファンサービス以外の要素で驚くようなところはあまりないって意味です。
    具体的に言うと、正直ストーリーはつきなみだし。煽り文句のどんでん返しってどこ? 映画としてのどんでん返しはなかった。途中の展開でも驚く要素はほとんどない、サラ・コナーがターミネーターの1体を倒した辺りのシーンはちょっとだけ驚いたけど(笑) また新キャラとなるカイルにも魅力はない。性格も普通、信念もたいして。感情のたかぶりを感じない男だった。俳優を変えるか話を変えるかしても良かったかな、って思うぐらい……。
    みたいな理由です。

    ではなにが楽しかったというと、それはもうシュワちゃん演じるT-800が面白くてカッコイイってとこでです! くわえてサラ・コナーですかね。
    そもそもシュワちゃんはアクション俳優ですが、皆さんご存知の通りコメディも一級なんですよね。もしろそっちのほうがシュワちゃんのストロングポイントかも。正直言って、T-800が画面に映って何かしてるだけで私は満足してしまいました(笑) 口をひらけばクスっとくるし、ショットガンを持てば敵をカッコよく吹っ飛ばす。殴り合いは相変わらず人間相手以外には不利をつけられていますが(笑)
    あとはサラ・コナーですね。若い頃なので性格のピーキーさはまだまだです。むしろ、このサラ・コナーが2のサラ・コナーにつながるとは思えないぐらい。まあリブートゆえ致し方なし。そういう意味でサラ・コナーという人間の方向性はすこし修正が加えられています、個人的にも、もう少しぐらい2のような感じにしてほしかったものです。もちろんショットガンは兵器でぶっ放すし、もとのサラ・コナーのようなキレたナイフのような行動もときおり垣間見えます。だからこれはこれで悪くない。そもそも彼女とT-800がやりとりをしているだけで面白い。2を知っている人なら特に(笑)
    しかし、逆に言うと2の頭のネジが吹っ飛んだサラ・コナーが好きで、それ以外のサラ・コナーは過去の話であろうと、救世主の母としての覚悟を決める前の話だろうと許せん! という人はよほどシュワちゃんとT-800が好きな場合以外は見ないほうがいい。その人はきっとサラ・コナー以外の登場人物にも強く反感を覚えるに違いない。そうすると本当にシュワちゃんだけしか楽しみがないので、そうなると映画として楽しむことも難しい。だからそういう人は見ないか、覚悟して見るように! あと1とか2以上を期待するのもダメ。3と4ぐらいと比べるのなら可。個人的には3と4よりは面白かった。

    ということで再度結論へ。
    シュワちゃん(と今作のサラ・コナー)が好きなら楽しめます

    くろかわ

    ※エンドロールの途中で本編が挿入されるので、もし劇場に行く方は一旦エンドロールに入っても席を立たないように!!(笑)



    おまけ
    「‐あらすじ‐ 未来では機械が人間に反乱を起こし、機械VS人間の生存をかけた戦争が起こっていました。しかしジョン・コナーという英雄によって全ての機械はぶっ潰され、晴れて人類の勝利。かと思ったらぶっ潰される間際に機械の奴がタイムマシンを使って過去に殺人マシーンを送り込んでたんですね。目的はジョン・コナーの母「サラ・コナー」を殺してジョン・コナーを生まれなかったことにしてしまえ、みたいな。そして、じゃあ人間側からもボディガードを送って、母抹殺を防いでそれで全てを終わりにしようぜ!! 的な感じ」


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。