(解決済み)【ブロマガ攻略記事っぽ】ブロマガにおける著作権の扱いの認識【全て奪われ、それから与えられる】(追記:修正あり)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

(解決済み)【ブロマガ攻略記事っぽ】ブロマガにおける著作権の扱いの認識【全て奪われ、それから与えられる】(追記:修正あり)

2013-01-23 13:35
  • 5

※新規約が、明確にリンクを貼れる形でリリースされたため、下記内容についての懸念は収束しました(2013/1/24 12:28)。最後にその状況を説明します。

※追記にて、申込時に表示される規約と、サービス利用開始後に確認できる規約にずれがあることが判明し、その状況を記載しています。その点ご留意の上読み進めてください。但し現時点(2013/1/24 1:37)においても新規約にはソースコードの閲覧以外での参照の手法を見いだせておりません。それによって以下の通りに解釈したことを言い訳がましく記載しておきます。


前書き

 タイトルを煽ってアクセス乞食を試してみようかと。

 まあ、んな前書き置いといて、いつもながら見たり、他の人の著作物をどうこうするガイドラインだの規約はわかりやすく書いてありますが、自分の書いたものがどうなるか、についてはぼかしてあるあたり、いつもながら運営さんも大人の対応をしちょりますな。

規約はどこだ

 楽しいコンテンツ、リンクは上、面倒くさかったりオススメしないコンテンツは下、の法則で、規約関連のリンクは各サービスの一番下に配置してあります。

 niconicoトップからだと、左側「niconicoについて」のメニューのひとつに「サイトご利用にあたって」があり、そこから各種サービスの規約の一覧を確認できます。

 素直に考えるとブロマガは、ニコニコチャンネルに属するコンテンツ、という認識、とブロマガ単体での規約設定が本日現在では行われていないことから、「チャンネル」(ニコニコチャンネル)の項目がそれにあたります。

でもそこには、投稿したテキストの権利とかどうされちゃうのかについての記載はありません。

さて、そういう場合には、「サイトご利用にあたって」に拠ると「※記載のないサービスは「動画」の利用規約に準じます。」と小さい字で書いてあります。素敵ですね。

で、やっと動画の規約を確認することになります。見てみましょう。なお、動画の規約に準じると説明していますが、その規約は「niconico利用規約」という名前なので注意が必要です。なにかと規約にたどり着くのを阻止したいようです、惚れちゃいますね!

niconico利用規約

で、ブロマガはコンテンツの種別としてはテキスト、になります。なので規約の中で該当する箇所は『「ニコニコ動画」における利用者の書き込みテキストに関する著作権については、
で始まる箇所を参照することになります。この規約自体は動画についての記載ですが、それが他に特記などがない場合はこちらが適用される、というのはいままでの流れで確認したところです。

で、どうなっているか。大百科の編集をした方の中にはすでに意識されていた方もいると思いますが、こうなっています。
「ニコニコ動画」における利用者の書き込みテキストに関する著作権については、利用者が書き込みした時点においてその一切が運営会社に譲渡されるものとし、運営会社は当該テキストを利用した出版等のあらゆる事業を行うことができます(著作権法27条及び28条に規定される権利も運営会社に譲渡されます)。ただし、運営会社は当該テキストについて、書き込みを行った利用者自身が利用することを許諾するものとします。利用者は当該テキストの権利帰属に関して、運営会社及び運営会社が指定する者に対して、いかなる権利の主張及び行使も行わないものとします。 利用者は、運営会社による書き込みの削除、利用者が登録したアカウント情報の削除を含めた全ての対応について、運営会社に対して異議を唱えないことに同意します。

※「niconico利用規約」より

つまり、書いた瞬間から、著作権は運営側に引き渡され、どんな扱いをされてもOKよん、という許諾を与えたことになります。ここがタイトルの「全て奪われ」の部分。ただ「書き込みを行った利用者自身が利用することを許諾する」という許諾によって、自分が作ったものをありがたく頂戴してなにかすることはできる、という話です。

なので、運営さんは「こんな良いサービスがあるんだよ! 契約しようよ!」とか「電子書籍になって世界に発信できるよ! ボクと契約して(ry」云々といいますが、それらの著作権について、あとから「あ、この部分他の出版社からの本で使いたい」云々の時などにやっかいな影響を与えます。
 いわゆる自己出版であれば別、かもしれませんが電子書籍関連では注意が必要な場面も出てくる可能性があります。例えばKindleのKDPなどでやるよー、といったとき「nicoのサービスを使わないのは絶対に許さないよ」的なことをいわれたらシュンとなるしかないんです。
 でもまあ、niconicoのリソースを使うに当たっての交換条件、という話なんですが本日現在に関してはそこらへん、いつもながら明記はしていません。また、流動的でもあるので出たとこ勝負だったり、「ドワンゴの法務部は強えぇよ? もしかしてやっちゃう? ああん?」みたいな武闘派なので余裕なんでしょう。

何を書かないべきか、また書くべきか

まず、きっとこういう誤解もあると思うんですが、動画や静画へのリンクを貼っても、それはリンクを含んだ記事(太字部分 2013/1/23 19:58 訂正・注釈)の著作権は運営に渡しますが、元のリソースの権利を渡したことにはなっていないよ、そこらへん間違っちゃうお茶目はやめようね、別に貼るぐらいいいのよ、というお話。

逆に自作の詩や歌詞を載っけるのは、上記の認識なしにやってしまうとかなりアウトだというお話。権利上、後でどうこうするのは大変面倒です。

プログラムを載せるぜぇ! とやってソースコードを載せる場合は、場合によるのでグレーになります。グレーってことはまあ、面倒くさいです、きっと。

コードじゃなくてBase64でバイナリで載せるぜー なら、そのバイナリーテキストは、まあ運営に譲渡したことになると思います。そこまでやるのかどうかは別として。

あとがき

こうやってネチネチ書いておけば、もうすこしまともなガイドラインが出来て、お互いニコニコできる方向に変わってくれる、と信じてますよ。


いや、本当に。

追記(1/24 1:05)


コメントで92aki氏から、ブロマガ用の規約は別にある旨の指摘を受けました。その規約はブロマガの申込時にだけ表示され、現状、利用後はリンクなど通常の手段では確認できないようになっています。

ソースコードで確認すると

第9条(ブロマガの知的財産権)
 ブロマガ提供者が本サービスにおいてブロマガ提供した一切の情報(ブロマガ自体、ブロマガの個々の内容、更新された内容、その他ブロマガ提供者が本サービスを通じて発信した一切の情報を含み、以下、「コンテンツ等」といいます。)及びコメントの著作権その他一切の知的財産権(著作隣接権を含みます)は、コンテンツ等を掲載したブロマガ提供者本人もしくはコメントを書き込んだユーザー本人に帰属するものとします。但し、ブロマガ提供者及びユーザーは、運営会社に対して、コンテンツ等及びコメントを日本の国内外において無償で非独占的に使用する権利(複製権、公衆送信権(送信可能化権を含みます。)、上映権、頒布権、譲渡権、貸与権、翻訳権、翻案権を含みますが、これらに限られません。)を許諾(再許諾を含みます。)したものとします。ブロマガ提供者及びユーザーは運営会社及び運営会社が指定する第三者に対して著作者人格権を一切行使しないものとし、本項によりブロマガ提供者もしくはユーザーに帰属する知的財産権をいかなる第三者に対しても譲渡、担保設定その他一切の処分をできないものとします。

 ブロマガ提供者は、コンテンツ等を、運営会社が提供する一切のサービス上及びサイト上、その他運営会社が今後提供していく一切のサービス上及びサイト上において、前項に規定する運営会社が有する権利に基づき利用すること、及び、当該利用を運営会社が指定する第三者に再許諾することを無償で許諾するものとします。この場合、ブロマガ提供者は、運営会社及び運営会社から再許諾を受けた第三者に対し、一切の知的財産権、著作者人格権、その他の権利を行使しないものとします。

運営会社がコンテンツ等の内容を不適切であると判断した場合、運営会社は、当該コンテンツ等の一部又は全部を変更・削除できるものとし、ブロマガ提供者は、これに異議を述べないものとします。

本条の規定は、ブロマガ提供者による本サービスの利用が終了された(第4条第6項及び第6条による終了も含みます)後も引き続き有効とします。


となっており、ブロマガのコンテンツは、投稿動画などと同じ扱いになっていることが確認できます。この点を確認しきれず論を進めた点について反省いたします。

今後はうっかりボタンを押さず、規約を舐めるように見てからサービス利用するか判断し、また新規約についてソースにまぎれていないかを慎重にさがs…

いやあ、んなこたしねぇよ? 

訂正記事は上記に書きますが、さすがにここまでのトラップサービスには、それなりの対応と解釈しかできまへん。早急に新規約を、クリックひとつで表示できるようにしてほちぃ。


追記2(1/24 12:28)



と、戀塚氏に申し込んだ所、


ということで、

「ブロマガ(β(ユーザー向けver))運営規約」

のページが出来ました。よかったよかった。
さらに、


ということで、今後は自分がやったような解釈間違いなどは発生しない、とは思います。

規約集のページも早く更新されるといいですね。





蛇足

 ツイッター上で、リンク単体は著作物にならないのではないか、という指摘がありました。

以前だと、なるほどそれはもっともだ、となるのでその流れで本文を加筆することで訂正することにしました。
 とはいえ、リンクの中には、どこかの音楽アプリページのURLでパラメータが記述されている場合、それが独創的な楽曲を示しているものであれば、その時点で著作物を構成する要素にはなりうる、という事例もあるので、リンク単体に著作権は絶対に発生しない、ともいい切れないなあ、という考えがもたげて来たので、蛇足として加えておきます。たぶんキリが無くなるので、当初訂正せず蛇足だけですまそうとしたところ、訂正することにした、という鳥居三三のヘタレっぷりをご堪能ください。



過去の記事は、以下のマイリスからご覧いただくと便利です。


広告
×
こんにちは。私も気になったのですが、どうも一般向けブロマガの利用規約は、ブロマガ開始時に同意する際にこのようになってます。引用→http://another.hotakasugi-jp.com/2013/01/24/kiyaku-blomaga/ 鳥居三三さんが紹介しているのはサイトの下記にある正式サービスの利用規約で、ブロマガ開設時の利用規約と異なるのではないかと思います。なのでブロマガの記事の著作権はユーザーにあるのではないでしょうか。また、ブロマガの利用規約がブロマガ開始後に見れない気がします。(サイト下記の利用規約を更新してないのか、β版なのでわざと載せてないのか…)
87ヶ月前
×
>>1
コメントありがとうございます。
ご指摘の規約は、http://ch.nicovideo.jp/blomaga にソースコードとして埋め込まれているようですね。手続きの際に表示するようで、申込時はこの規約が表示されていたようですね。

また、開始後、この新規約が読めない状態になっているのもまた然りで、指摘をもらうまではどこに規約があるのかわからない状態でした。

ここまで気がついて論を進めるべきだったと反省します。追記に記載しておこうと思います。
ご指摘ありがとうございました。
87ヶ月前
×
ほんとだー。ソースコードにありますね(笑)私も利用規約を探してもないので、ツイッターで引用記事を見るけるまでは鳥居三三さんの解釈が合っていると思いました。あやうく、ニコニコ運営は糞だという記事を書くところでした(笑)まだ始まったばかりですし、仕方がないかと思います。いろいろ指摘し合って良いものを作りましょう。
87ヶ月前
×
>>3
まあ、ソースコードにあるそし運営が正義!お前バカ っていうやり方が糞だよ と遠吠えをしてみます、ウワーン,ヤラレター

いいネタ提供にはなりましたですよ、とほほ。まあぼちぼちいきますです、あい。
87ヶ月前
×
釣りタイトルとおっしゃってましたが大丈夫ですよ。良く理解できました。
ただし、規約は巧妙に書かれていますが、要は、「即金なことを書くと(ほぼ)全部持っていくよ」という意味。
ということで、記事自体が運営の釣りかな、と。

本当に金になりそうな価値あることをチマチマ書けるクチならブロマガなんかやるな、ということですかね。
78ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。