【ミリオンライブ】ミリクロにおける一票の重みについて
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ミリオンライブ】ミリクロにおける一票の重みについて

2019-12-02 21:25
  • 3
【はじめに】
ミリPの皆様、この度はミリオンライブクローゼット(以下ミリクロ)お疲れさまでした。

今回の投票企画、私の担当である豊川風花さんと高坂海美ちゃんは最後まで結果の見えないデッドヒートを繰り広げる戦場となりました。
私は最後の二日間、風花さんにある衣装を差し上げたい一心でまさにどぶ板選挙というべき票集めに駆けずり回り、多くのPの皆様に営業活動(いわゆるダイマ)を繰り返しておりました。
この場を借りて、私の不躾なお願いにお応え頂いたPの皆様に改めて深い感謝の意を表明させていただきます。多くのご支援、誠にありがとうございました。

今回は自担のコンベがどーだ投票傾向がどーだという話ではなく、ミリクロ全体を振り返った時にちょっと思ったことがあったので書き留めようと思います。
※すみませんちょっと長いです。

【本題】
今回取り扱うのは、<一票の重み>についてです。
選挙の話題で「一票の格差」とか聴いたことありますよね、だいたいああいうやつです。
不勉強なので間違った認識をひけらかす可能性はあります。あしからず(予防線)

まずはじめに、ミリクロのルールをおさらいしましょう。
①運営の用意した5種類の衣装のテーマから各アイドルに着せたい衣装を投票によって選ぶ
②勝敗については得票【数】ではなく得票【率】で争う
③最終得票率が同率だった場合、先にそのパーセンテージに達した衣装が勝利
④最も得票率の高かった衣装が次回の「制服シリーズ」として実装される
⑤得票率については小数点以下第1桁までを表示する。

このルールですが途中経過や最終結果をパーセンテージとしたことで、アイドルごとの投票数を不可視化し無用なマウント・諍いをさけるという点では非常に機能したと思っています。
しかし、得票率を基準として採用してしまったことで、一票のもつ重み或いは影響力に格差が生まれる状況が発生してしまいました。例えば以下のような感じです。

1.時間の経過による重み格差
企画開始直後の一票が与える影響は終盤と比べ莫大でした。開始早々に配られた課金票100票を全てつぎ込んだら数%変動したという経験をされたプロデューサーさんもいらっしゃると思います。しかし、投票が進み全体の母数が増えるにつれ、同じ100票を投じても数値は全く変動しなくなりました。
これは、最終的な判断基準となる得票率に対して一票が与える影響が企画開始直後と終了時で変動していたことを意味します。
開催期間に応じて、どんどん票の影響力が小さくなっていったんですね。

2.アイドル間の重み格差
アイドルごとのP分布は均一ではありません。
もちろんアイドルごとに投じられた票数には差が出ているでしょう。
そのため、あるアイドルでは一票投じて0.2%変動している時期に、別のアイドルでは0.1%しか変動しなかった、という状況が分母の違いにより有り得てしまいました。
こちらも、一票の重みが違ってしまっている状況になりますね。

投票券の入手手段に課金という道を用意してしまった以上、ミリオンジュエルに対する日本円の価値は変動してないのに、それを払って得た物の価値(影響力)がどんどん目減りしていく、あるいは格差が生まれてしまう状況が発生するのはどうなのかなと思わずにはいられませんでした。

配役投票(TA、TB等のTx系企画)であれば、一票の価値は平等です。票数が多かろうが少なかろうが最終的に一票でも多く上回れば勝ちとなるため上記の様な問題は出てきません。
(現実で言うところの一票の格差問題はあるでしょうが)
しかし、今回の場合は0.1%上回る、あるいは先行する必要がありました。
0.1%といっても激戦となればそれだけ分母が増え、一票の影響力はどんどん小さくなっていきます。一度前に出られてしまっては捲くるのは容易ではありません。
票が集まれば集まるほど、一票が影響するパーセンテージの前にはゼロが増えていきます。
対抗馬よりどれだけ上回ればいいのか、これについてはミリクロの集計仕様がわからないとなんとも言えませんが、上記のような問題が出る以上運営は予めそこについてもケアしておくべきだったんじゃないかなと私個人は思っています。
先行された側が怒涛の追い上げで最終的に一票上回ったけれど、集計仕様として小数点第n桁以下は切り捨てているのでパーセンテージは変わりません、なので票数で捲くってるけどこの衣装は負けですとなったら浮かばれないPだって居ると思います。というか僕が浮かばれません。

この問題、パッと思いつくような対策としては、ユーザーに途中経過として見せるのは投票率とし、最終的な結果は得票数で判定するといった措置があったように思います。(透明性・公平性の担保であったり票数の公表をするか否かという課題はついて回りますが)
もっと良い方法があるよって方はコメントいただけると嬉しいです。

【最後に】
各アイマスの動向を見ても、今後もこういった投票企画は出てくると思います。
投票企画、盛り上がりは確かにあるのですが、得票率での判断については正直どうなんだろうなと思いこの様な記事を書いてみました。
ここまで目を通して頂いたのにこんな事言うのはアレですが、正直運営が小数点以下全部比較した上で結果出してくれるならなんの問題もないんですよねこの記事。
ただ、皆さんこの点についてどう思っているか参考にしたいのでご意見を寄せていただければ嬉しいです。

ここまで目を通して頂きありがとうございました。
広告
×
あくまでも画面での表示が小数点第2位切り捨てで表示しているだけであって、最終結果は普通に実際の得票率(=票数が多い)で判断するものと思います。
1ヶ月前
×
②勝敗については得票【数】ではなく得票【率】で争う
③最終得票率が同率だった場合、先にそのパーセンテージに達した衣装が勝利
④最も得票率の高かった衣装が次回の「制服シリーズ」として実装される
⑤得票率については小数点以下第1桁までを表示する。

このような情報があったのですか?
お知らせには下記のように書かれていますが……。

『アイドルごとに5種類の衣装候補の中から、得票数が一番多かった衣装1着を、次回の制服シリーズとして後日ゲーム内で実装いたします』
1ヶ月前
×
>くうき様
コメントありがとうございます。
おっしゃるとおり、ミリクロのヘルプ「集計について」を改めて見たところ、確かにその様な記載がありますね。
票数の表記もある以上、自分自身の解釈が違っている可能性はあると思います。
ただ記事でも言及したとおり得票率をどこまで見るのか明言されていないことが自分の中では懸念となっています。

>ROZEN様
ミリクロのページから見られるヘルプの情報を参照しています。
ただ、改めて読み返していて思ったんですが票数と得票率が同じ文章内で出てきて少しわかりづらいですね、公式のルール説明・・・。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。