ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

騙されやすい人、失敗しやすい人
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

騙されやすい人、失敗しやすい人

2018-09-28 00:58
    メダルゲームの記事ばかり書いている
    遊び人だと思われるのもどうにも癪なので(プライドが高い)
    自己啓発本の内容や普段の研究をまとめた記事を書く。


    自分はどちらかと言えば成功する人生よりは
    失敗しない人生を目指して行動しているタイプだ。
    失敗は成功の母というが、
    失敗にも取り返しのつくものとつかないものがある。
    我々一般人がやってしまうのは大抵後者だし、
    前者の失敗をしたところで活かせなければ意味がない。
    失敗から何かを見つけて活かす能力というのはなかなかレアだ。


    なので成功者を観察するよりは
    失敗した人間を観察して、行動や思想を分析している。
    実に趣味が悪いが、そういう行為も人間には必要だろうて。


    タイトルにもある『騙されやすい人、失敗しやすい人』だが、
    具体的にどういった人間が騙されやすい、失敗しやすいかというと、

    企業には労働基準法を守れと憤る一方で、
    法律に従い庶民に不利な判決を下した裁判に、司法はおかしいと憤る。


    つまりは『都合のいい考えをしている人』ではなかろうか。
    ある時は法律を絶対視し、ある時は法律は間違っていると嘆く。
    それも明確な根拠を出せるわけでもなく、単に自分に都合がいいか悪いかで。

    こういう人間が騙されやすい、失敗しやすいというのは
    言われてみれば確かになぁ、と思う人もいるだろう。
    都合のいい考えをするということは、
    目の前の物事を冷静に判断できないということだ。
    ちょっと考えればそんな美味しい話なんてないとわかるような詐欺だって、
    『〇〇だから〇〇だ、だから正しい、儲かるんだ』と都合よく解釈し、
    謎の論理を脳内で展開してしまい、信じてしまう。

    例え相手が詐欺師でなくても、似たようなことになる。
    トラブルを防ぐためでもあるが、現代はうざったいほど説明が入る。
    メリットとデメリットをある程度教えてくれるというのは有難い話だが、
    都合のいい考えをしてしまう人間の耳にはデメリットは通らない。
    だから耳にタコができるほど奨学金のシステムを説明しても、
    『奨学金は貰えるものだと思っていた』なんて人が出てきたり、
    最近では『3年働けば正社員になれると思っていた』なんて人が出てくる。
    彼らの中には単にわかった上でゴネている人間もいるだろうが、
    本当にそう信じている、自分に都合のいい情報しか聞けない難聴もいるはずだ。

    そうして彼らは自分の愚かさを自覚できぬまま、
    自分に都合の悪い情報を受け入れないまま、
    社会を呪い、やがて煽動され、食い物にされるのだ。



    自分も人間だ。気づけば自分に都合のいい考えをしてしまう。
    だが、時折立ち止まって、都合がいいんじゃないのか? と自分を見つめなおす。
    その結果都合の良い考えだから捨てようと決めたら最後、
    例えそれが大多数の人間の考えであっても従わず、別の考えを探す。

    短期間に多大な成果を出すなんていう成功はできなくとも、
    こうすることで大多数の人間が陥ってしまうような失敗を減らせれば、
    相対的には評価は上がる。社会に出てから大きな失敗はまだないが、
    決してそれは運が良いからではなく、この思想を大事にしているからだ。
    ……というのは都合が良い考えかな、ふふふ。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。