「優」くんと「悠」くんはやばいんじゃないかな
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「優」くんと「悠」くんはやばいんじゃないかな

2019-09-21 08:26
    「ゆうちゃん」「ゆうくん」と言えばインターネットの世界では
    引きこもりの代名詞であり、犯罪者の代名詞である。
    ブームになった名前は色々あるのに、「ゆう」だけやたら取り上げられる。



    ただの偏見、で終わらせるのもどうにもつまらない。
    ここに名前と人生の関係についての仮説を挙げる。

    「DQNネームをつけるような親は子育てが適当だから
    結局子供もDQNみたいなのに育ってしまう」



    こう言われれば、恐らくは大半の人間は納得してくれると思う。
    つまるところ、『子供に名前をつける時点で育成方針はある程度決まっている』のだ。
    親は子供の名前に色々な想いを込めるし、それに従って子育てをする。
    適当な名前の子供は、適当に育てられるのだ。


    で、「ゆうくん」「ゆうちゃん」だが、
    男の名前なら、「雄」「勇」と言った荒々しい漢字と、
    「優」「悠」と言った柔らかい漢字がよく使われる。

    前者の名前をつける親は、子供を厳しく育てる傾向にあるはずだ。
    勇ましい子に、雄々しい子に育てたいのだから。
    後者の名前をつける親は、子供を甘やかす傾向にあるはずだ。
    優しい子に、のんびりした子に育てたいのだから。


    後者の教育方針はあまりうまくいかないように思える。
    男はそういう生き物ではないからだ。
    男らしく育てる、女らしく育てることが最良の道とは思わないが、
    ホルモンバランスという明確な違いがある以上は、
    男に向いた育て方、女に向いた育て方というものがある。
    「優」とか「悠」とかは、女に向いた育て方ではなかろうか。


    つまりは、おなじ「ゆう」くんであっても、
    『雄』や『勇』といった漢字の子に比べ、
    『優』や『悠』といった漢字の子は甘やかされ引きこもりとかになりやすいのでは?
    というのが自分の仮説だ。

    勿論それを裏付けるデータは無い。ニュースを見るたびに、犯罪者の名前をメモって
    どの漢字が多いかとか、全体としての割合はどれくらいかとか
    調べるような変態はあまりいないだろうから。

    だが、技術の発展によってそれが簡単になる可能性はある。
    AIによるビッグデータの解析は非常に注目されている技術だ。
    引きこもりの名前の統計だの、人間では解析が難しいようなことでも、
    AIなら今後やってくれるかもしれない。
    この下らない仮説が証明されるかもしれない。


    まあ、それが判明したところで、ゆうちゃんやゆうくんが
    自分にそんな名前をつけてそんな育て方をした親を怨むだけなのだが。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。