誇りを胸に罪を犯さず死ぬ日本人が見たいのだ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

誇りを胸に罪を犯さず死ぬ日本人が見たいのだ

2020-12-20 21:23
    ウーバーイーツやらを頼むと外国人が配達員をしていることも珍しくなくなった。
    コロナ禍でじゃんじゃんクビを切られているので当然と言えば当然なのだが。

    以前自分は、『コロナよりも治安を理由に外に出られなくなる』と主張したが、
    それも現実味を帯びてきた。それくらいの勢いで無職が増えている。


    今は外国人が主にクビを切られているが、外国人を切り終わったらどうなるかと言えば、
    勿論我々善良なる日本人だ。半年後には日本人が大量にクビを切られて路頭へ迷うだろう。
    特に人付き合いを軽視してきたネチズンなんて一度路頭に迷えば後は地獄。
    高すぎるプライドによって堕ちるところまで堕ちることだろう。


    そうなった時に、罪を犯してでも、国にたかってでも生きようとするのか、
    日本人は外国人とは違う、迷惑をかけるくらいなら死を選ぶと腹を切るのか。


    勿論多くの人は前者だと答えるだろう。
    誰だってそうする、俺だってそうする。


    それでも、賭けてみたいんだよ、大和魂の強さってやつをよ……


    これからしばらくは自殺者がばんばん増えるだろう。
    言い換えればそれは犯罪や国に頼り、醜く生にしがみ付くならば死んでやるという、
    武士のハラキリ魂の現れ。
    自殺者が増えれば増えるほど、日本人は誇り高き一族であると証明されるのだ。

    そんなわけでしばらくは、犯罪率の増加と自殺率の増加を眺めることにする。
    日本人の犯罪率が大して増えないのに自殺率がバンバン増えるなら、
    日本人は高潔な一族だったということだ。


    それを見極めるまでは死ぬわけにはいかぬ。
    どんな汚い手を使ってでも生きようではないか。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。