XEA-81850-00
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

XEA-81850-00

2016-09-06 22:25

    ヤマハのM-15について調べてみた。

    2009年モデルと1993年、2001年モデルでは、内部のパーツは共有化しつつ
    マイナーバージョンアップが図られ、部品点数が整理されている。

    2009年ではブラシ制御が変わり、線数も+-の二本で制御しているが
    1993年と2001年では8~本の線が通っている。

    ウチのM-15は8本あったので・・・結構前のモデルですね。


    本当に船外機が欲しい人は、海外から買えば国内の1/3で
    機種も選び放題で、アフターパーツもゴロゴロしている。

    7000円~販売されている船外機がある位だ。

    「直すよりも買い替え」の人が多数居る一方で、DIY精神で
    ジャンクを分解して売る人、それを使って直す人
    そして、ネットでマニュアルPDFが共有される。
    結果として中古で修理された安い船外機が増える。
    価格が下落する。

    そんな循環を引き起こしているようだ。


    ヤマハの中古純正部品でも格安で流通している。

    通常の「レストア動画」なら、その手のメーカー純正部品を
    安く集めて修理するのがテンプレだ。
    ヤマハ M-15なら中古部品集めて後、2万円位で修理できる。
    あれだけ部品が溢れているのだから、よく出荷された機体なのだろう。

    しかし不幸な事に、幸いな事に、私のプラットフォーム(修理対象機)は
    型式の無い程、古い子だ。

    さて、予定通り予算がオーバーしそうな感じだな


    あと、大事な話があるんだ。俺、この船外機エンジンが治ったら
    Yamahaのブルーオイル(純正)を入れるんだ」



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。