船外機コントローラの設計
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

船外機コントローラの設計

2016-09-26 08:30



    TEのパワーリレー 「V23134J1052D642」
    仕様はオートモーティブ(自動車用)の12V仕様
    定格電流が70Aと非常に大きく、12V車で840Wと十分な出力
    1PS(馬力)までのモーターすら駆動できるだろう。

    コンタクトは1A NOのみでシンプル。
    放熱と固定の為のヒートシンクが付いている。
    動作時間が7ms(7/1000秒)
    開放2msと十分な性能だが、消費電力(1.6W)はやや高い。
    動作温度は自動車用だけあって-40℃~+125℃
    ボートで使うにも十分な性能だ。
    消費が1.6W・・・これを2個使って保護と切り替えするので
    常時3.2W以上失うのか・・・?少し多すぎるかも?

    悩んでいるのは、コントローラー部分を
    船外機自体に収容するか?
    それとも、リモートコントロールにするか?
    という点です。

    一体型にすると、伸びるのはバッテリーへのケーブルだけで
    シンプルにはなるが、中身は常に漏水の危険と隣り合わせの
    脆弱なケースに全てを詰め込む面倒な設計

    リモートコントローラにすると場所の制約やサイズの制約は無く
    設計上は簡単ですが、運用上は配線引き回しの状態になる。


    そもそも、ボートやカヌーやカヤックなど船舶を持っていないのでwww
    何処に?どうつける?か、全く考えていません。


    なので、運用携帯にしても何が最適か?は分からないのです。(`・∀・´)エッヘン!!

    取り敢えず、レストア系でミンコタやヤマハ、モーターガイドが水没または
    水死しているレストア動画は多く見ているので、エレキの基本設計に
    問題があるのは100%間違いない。
    可能なら「モーターコントローラ」を死なないように
    出来れば、ギア周りやモーターも保護したいと言う、メーカー以上の
    愛情を持ってレストアしたい所です。





    連休最終日ですが、主要部品が揃いました。
    回路設計(構成)と実際の組み立てに入ろうと思案中です。
    まずは、理論回路>試作からですけど
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。