ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

野菜が高騰?ならば家庭で作る(水耕栽培)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

野菜が高騰?ならば家庭で作る(水耕栽培)

2016-11-15 15:09

    ベビーリーフレタス スベン 20日
    ベビーリーフレタス ヘニング 20日
    サラダ菜 サマーグリーン 20日


    リーフ(葉)レタスは、玉(球)レタスに比べると
    生育期間(20日~30日)が短く栽培が簡単です。

    しかし、高温・多湿・乾燥が起きると葉物ですので
    ダメージが大きくなり失敗する事になります。

    レタスの発芽適温は15~20℃で、25℃以上になると
    タネは休眠して発芽しません。

    その為、温度が調整しやすい、生活環境(台所、洗面所)などで
    温度と水分を調整すると発芽しやすいようです。

    レタスの種は光を好む習性があるので
    土に植える場合は種に光が当たるように浅く埋めます。
    ですが「ハイドロじか撒き」の場合は気にする必要がありません。

    人工光(LEDや蛍光灯)による生育でも、成長を促進する為に
    長時間点灯し、長日にすると、トウ立ち(花が咲きやすくなる)が起きるので
    成長初期は高温と日照量を避けて育てると良好な結果になります。


    水はけの良いハイドロカルチャー(水耕)とハイポニカ(液肥)を使った
    窓際栽培や人工光栽培には最適で、収穫も早いので
    今の季節、野菜が高騰する中で野菜不足にならない家庭栽培は
    ホームセンターが込み合う位に人気が出ています。

    100円均一のショップで、ハイドロボールを10袋と液体肥料2個
    ホームセンターで種200円買って来て
    空のペットボトルや空き缶10個用意し5日毎に植えていけば
    収穫ラッシュになります。


    一気に作れば1400円+水道代で20日後にはレタス10個
    3000円相当が収穫できます。

    ホームセンターの種は150個以上は入っていますし
    発芽率 85%ほどなので、120個はレタスが収穫し続けられます。


    後は、土と違いハイドロは再利用が可能なので
    液肥と水だけで収穫し続けられます。
    36,000円分の野菜が1,400円と水と労力で?

    あと、ビニールハウス(小)も実験中です。
    夏野菜は、冬でも育てられるのか?



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。