ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

「言の葉の庭」観ました。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「言の葉の庭」観ました。

2013-06-08 01:58
    言の葉の庭

    靴職人を目指す高校生・タカオは、雨の朝は学校をさぼり、日本庭園で靴のスケッチを描-いている。
    そこで出会った、謎めいた年上の女性・ユキノ。やがて二人は約束もないまま-雨の日だけの逢瀬を重ねるようになり、
    心を通わせていくが、梅雨は明けようとしていた...



    原作・脚本・監督:新海誠
    作画監督・キャラクターデザイン:土屋堅一
    美術監督:滝口比呂志
    音楽:KASHIWA Daisuke

    声の出演:入野自由 花澤香菜


    ・とあるリスナーさんの薦めで、久しぶりに映画を観に行きました。
    新海作品をきちんと観るのは今回が初めてでしたが、とても楽しめました。
    以下感想。
    ネタバレなし




    ・本編が46分と短い。(同時上映の短編『だれかのまなざし』もあり)
     ですが特別料金1000円だったのでとてもお得、内容も凝縮していたので不満を
     感じなかった。
    ・雨の圧倒的な表現力
     今回の映画の一番の見所。小雨、大雨、暴風雨、それ以外にも様々な雨の表情を
     画面いっぱいに感じられた。


    圧倒的な風景描写、前半は雨、雨、雨の連続。次第に季節は梅雨から夏へ変化していく。


    水の濡れた表現、細かい所までこだわりを感じられる。


    ・ストーリはよくある恋愛もの、ですが雨の表現により感覚に訴 えてくる作品に仕上がっています。特に後半のシーン、
     静から動へキャラクターの心情と共に変化していく雨の表現は 必見です。

     
     
    最後に…





     金麦!!






    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。