ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

2017年ベスト集
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2017年ベスト集

2018-03-03 22:55
    過ぎ行く日々の速さに恐怖を感じる今日この頃、恒例の激遅ベスト記事公開であります。
    例の如くUG Extream方面に偏った選出になるんですが、最近出た某ファンジンのベストと
    大差無いという二番煎じ感が否めない内容に成り果てており、まぁベストは個性を出すもんでも無いと言い聞かせながら出来たモノを以下より発表させて頂きます。


    ・Altarage - Endinghent (Spain)

    FB覗いたら”Death Metal”と書いてあって「あっ、すいません・・・」ってなったAltarageの新作
    前作より音の分離が良くなっており混沌っぷりは多少抑え気味になってるが、それでも
    Violence Horrorなテイストは健在でむしろ音質の向上でオカルティックな深みが増し
    前作ジャケの異形召喚儀式みたいで堪らない

    ・Bestia Arcana - Holókauston (United States)

    Occult BlackではSitus Magusと並び私的殿堂入りしているバンド、6年ぶり2nd
    情報が出た時からあえて試聴もせずwktkしていた期待に見事答えてくれました
    1stではタイトルにAbyssとあるだけにドス黒い雰囲気で息苦しさを覚える閉塞感を
    漂わせていたが、今作ではかなり大仰なスケールの大きい宗教観がフューチャーされており
    前作とはベクトルこそ違うもののやはり恐怖の表現では抜きん出ているバンドだなぁと
    再認識した次第

    ・Black Cilice - Banished From Time (Portugal)

    耳に優しくない事に定評がありそうなRaw Blackの権化 4th
    アルバム毎に音質が良くなってきており、今作でやっとメロディやらボーカルがかなり
    分かりやすくなり、このバンドへの入門として丁度いい塩梅。
    内容は初期より一貫したアトモスフェリックな空間を基調とした中に悲壮なボーカルには
    アンバランスな程の美麗なトレモロリフの洪水で埋め尽くされた、音源の劣悪さからは
    想像し得ない計算された絶妙な一枚。

    ・Chaos Cascade - Grotesque Inflictions Of Infernal Agony (Germany)

    去年Splitでチラッと紹介したネジがぶっ飛んだ系 Black/Death Grindcore 1st
    よく紹介で”暴力的”と使うがこれは完全なる音の暴力に他ならない
    隙間無く敷き詰められた音の数々はMetalという体裁をギリギリ保っているレベルで
    下手に言葉にするより、聴いて貰った方が早い。
    とりあえずブッチ切ったのが聴きたい時に大推奨!

    ・Crurifragium - Beasts Of The Temple Of Satan (United States)

    Demoncyのメンバーを擁する強力Black/Death 1st
    鬱屈としたDemoncyとは対照的に理性を無くした獣の様なパワフルさを前面に
    押し出しており、全編疾走し続ける爽快感が心地いい

    ・Förgjord - Uhripuu (Finland)

    Finland産Plimitive Blackの隠れた実力者(と勝手に思っている)3rd
    今回はかなり音質の向上を図った様でフランス勢に通ずるポンコツっぷりとエグイVoは
    聴けなくなってしまい少し残念だが、スタイルは変わらずFinnish Blackなメロを奏でるも
    所々に面妖なフックを聴かせており少々飽食気味の界隈でしっかり地に足着けてる印象
    ファンタジー系のメロディと言うと語弊があるかもだが、親しみやすさと何処か浮世離れした
    雰囲気にはぴったりではないだろうか

    ・Goatpenis - Anesthetic Vapors (Brazil)

    自分達の道を邁進し続けるWar Bestial界の一柱 6th
    イントロから始まるミリタリーに塗れた楽曲には安心の一言
    が、今回ではなんとメロディックで勇壮な楽曲を披露している。War Bestial界では
    珍しいメロを取り入れるという試みは2ndより続けていたが、今回ほど大胆なのは初で
    はじめは戸惑ったが苛烈さが失われたわけでは無く、彼らの求める様々なスタイルの
    ”過激”の一つの到達点であると納得できる完成度である

    ・Goatvermin - Détruire (France)

    SplitやCompilationでじわじわと伸びていた芽が炸裂した 1st
    この界隈で生きてる人ならば1曲目でノックアウト確実の傑作
    苛烈で激烈、陰惨にして凄惨、War Metalの持つフィジカルな強さの頂点に迫りつつ
    行き過ぎた音塊はもはや病的な印象を受け、確固たる意思を持って敵を屠り続けるであろう
    絶対的な力を感じさせる。殿堂入り待ったなし

    ・Heresiarch - Death Ordinance (New Zealand)

    DemoとEP2枚を経て満を持しての1stAlbum
    ’11EPからは強力無比なWar要素を’14EPからは重々しいDeath要素を引き継いだ良い所取り
    な作品で、比重はDeathによっているものの、その重々しさでの疾走パートは痛快で上記の
    バンドにも劣らない強力さで畳み掛けてくるWarを名乗るに相応しい一枚。

    ・Pig's Blood - Pig's Blood (United States)


    ジャケットから期待が高まるUS産Death Metalの1stAlbum
    Gt.の歪み具合,Ba.の重低音Dr.の程よくタイトな音作りと全体的にはかなり優等生な音質だが
    肝心の内容はDeathの力強さがありつつ死臭が漂う陰惨な雰囲気で、それでいて武骨で硬派な印象を受ける。ジャケットの様相そのまま言った感じだろうか抜きん出た個は無いものの展開は凝っており、Death好きの及第点はしっかり押さえている高品質な一枚



    以上が去年のベストと言う事になります
    もう半年経つのに何がベストだって話ですか...
    まぁ今後も気紛れな感じでやるので暇なときにでも覗いて貰えたら嬉しいです

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。