ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

学びの基本を覚える -6-
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

学びの基本を覚える -6-

2020-08-08 19:21
    ☆最強の学び

     前章までは効率的にインプットをする為の「方法論」でしたが、この章では身の回りの「何」から学ぶのかがまとめられています。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    最初にして究極のインプット術と言わしめる学び、それは「人に会う」です。

    関係性を築き、互いに教えあい、そして気付きを得て自己成長し合う「仲間」を持つことが大事だと説かれています。

     人と会う上での「交流術」として

     「何度も会う」:人と会う回数が増えると親密度が上がりやすい(ザイオンス効果)
               100人に一回会うより、10人に10回が良い
       「与える」 :頼みごとばかりの人間は嫌われる。
               「受け取る」ことではなく「与える」ことを考える。
      「断る勇気」:自分が「親しくなりたい人、気の合いそうな人」と付き合う。
               ピンとこない誘いには行かないように断る勇気を持つ。
    「1対1で合う」:仲良くなる入り口に「グループ」は良いが、人間関係を「深める」
               目的においては1対1で会うことが必須。
     

    ではどこで人と知り合うのか?

    それは「コミュニティ」です。
    家と会社だけでの交友関係では他者と知り合うのは難しい
    勉強会や趣味サークル、スポーツ同好会、オンラインサロンに参加してみる

    失敗しない選び方としては

    ・コミュニティの方向性が自分の「目的」と一致している
    ・継続していて、それなりに実績がある
    ・そのコミュニティ参加者の評判が良い
    ・安価であれば、とりあえず参加してみる。(合わなければすぐ辞める)

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    次は「メンターに学ぶ」です。

    メンターとは「そうなりたい人」です。
    目指すべき人の習慣や、勉強法などを真似ていく事で、自己成長に繋がっていくのです。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    続いては「自分を知る」です。

    自己洞察力を高め「自分を知る」こと。

    自分は、 何が向いているのか、向いていないのか、
         何が楽しくて、つらいことなのか、
         どの様な価値観は受け入れれて、受け入れれないのかを

    哲学、宗教、歴史、生き方を書いた「本」などからのインプット
    日記やブログ、自己洞察を紙に書き出し客観視する「自分と向き合う」アウトプット
     
    上記の方法を行うことで「自分自身を知る」ことも大事な学びなのです。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    お次は「歴史から学ぶ」です。

    歴史は成功や失敗の宝庫であり
    又「なぜ?」を追求したり、仮説を立てたり、それを検証するための情報収集を行う「能動的」な姿勢で取り組むことで
    「分析力」「論理的思考能力」「仮説検証能力」「問題解決能力」が養われます。

    自分の関心のある人物、時代の本やドラマなど見ることから始めてみてはどうでしょう?

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    つづいては「遊ぶ」です。

    ただ遊んで楽しかったという「受動的娯楽」ではなく、そこから「気付き」「自己成長」に
    つながる「能動的娯楽」にする事が大切です。

    私の好きな音楽で言うと、ただ聞いて終わりではなく

    ・音源から得られる情報や感情をブログ(アウトプット)にする
    ・このバンドのアティテュードはどういったものなのかを理解したい
    ・それを知るためには多少英語が出来たほうがいいから勉強しようか?と言った具合に

    「集中力を高める」「目標を設定する」「スキルアップする」を意識していくことが重要です。
    たまには何も考えず楽しむことも勿論大事でしょう。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    最後は「料理をする」ことです。

    先ず一つは料理を作っている最中やメニューを立案しているの時は脳が活性化しているという研究結果が出ています。

    そして料理を作るには「次は何をする?」といった段取りを考える必要があるため
    「段取り力」を鍛える、格好のトレーニングになります。

    また手先の器用さ、複雑さを要する軽作業は「認知症予防」に役立ちます

    料理は中々に時間が掛かる作業なので、ちょっとした気分転換や一週間のご褒美といった形で
    取り組んでみてはどうでしょうか?

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー




    当然の事ですが前章までで学んだインプット術を用いての事象ばかりでしたね。
    逆を言えば意識さえすれば何でも「学び」に変えれると言う事がしっかりわかりました、趣味の時間までとなると少々息が詰まりそうですが、そこは自分と相談して時に甘く、時に厳しく自分の成長に繋げていきたいところです。
    最後まで読んで頂きありがとうございます、次回この本の最終章になります!ではまた。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。