Wargrinder - Tank Tread Doctrine
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Wargrinder - Tank Tread Doctrine

2020-09-04 20:47




    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    1. Extermination Treed
    2. Tank Tread Doctrine
    3. Ashes Rebuilt to Ashes
    4. Eradicate the Afflicted
    5. The Rites of Deception
    6. Vehement Slavekind
    7. Time Consumes Existence
    8. Collapse - Retribution
    9. Of Bliss and the Endless Void
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ギリシャのWar Metal 2017年3rdアルバム、現在はアイスランドで活動してる模様。
    1st、2ndとジャケットからは想像できない強烈なWarスタイルを突き通してきたこのバンド(メンバーは一人だが)メンバー写真は非常にマッシブで髭を蓄えスキンヘッドと、いかにもな風貌をしています。ジャケットもWar/Bestial系やBlack/Death、NS系ではお馴染みのアイコンである戦車を用いており、タイトルにもTankの文字、これは期待せずにはいられないといったところ。

    肝心の曲ですが、とにかく重量感と突進力に全振りした内容です。音として成立するギリギリを攻めに攻めて歪ませ尽くしたギターを只管にギュルギュルギュルと唸らせ続け、重々しくもハリのあるバスドラムが工事現場が如くドドドドと鼓膜を乱打し続ける。正直ベースが判別できないレベルの音塊となって40分間絶え間なく襲ってきます。9曲目にミドルテンポのインストをプレイしており非常に面食らいましたが、それ以外はリズムの緩急なんて知った事かといわんばかりの猪突猛進具合が非常に気持ちよく聞き終わった後はスッキリ爽快間違いなしの一枚です。

    前作が丁度いいタイトさで纏まっていたのに対して今作はそれを突き破って爆発させたレベルの音が特徴的であり、一曲目で側頭部をぶん殴られたかの様な衝撃が襲ってきたかと思えば、それが息もつかせぬ程雪崩れ込んでくる構成は圧巻の一言。
    無慈悲に機械的に圧倒的な力をもってして全てを蹂躙し尽す重戦車が如く。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。