ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

2017年5月30日ドル円相場、連休明けゴトー日P波動収束から対等関係の大きな抜け
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2017年5月30日ドル円相場、連休明けゴトー日P波動収束から対等関係の大きな抜け

2017-05-30 12:13

    こんにちわ(^▽^)/Trader.kです。

    本日はゴトー日です(^▽^)/

    先日の外国為替市場では、
    英国市場がスプリング・バンク・ホリデー、
    米国市場がメモリアルデーで
    主要市場が休場となっており、小幅な値動きのもみ合い収束となりましたね(^▽^)/
    ロンドン、ニューヨーク市場がそろって休場となるのは年間わずか3回。
    1月1日、12月25日と5月最終月曜日です(^▽^)/

    今週末6月2日には米5月雇用統計が発表されます。
    先週5月25日に公表された5月FOMC、議事要旨では、
    「間もなく」、早ければ6月の会合で利上げを行う考えが示された一方で、
    利上げペースに関しては委員の間で意見が分かれていることが明らかと
    なっておりますね(^▽^)/
    トランプ米大統領のロシアゲート疑惑に絡む捜査をしていたコミ―前連邦捜
    査局(FBI)長官の上院情報委員会での公聴会開催の可能性もあります。

    まだまだ大相場気配
    しっかりと抜けを狙っていきたいところです(^▽^)/
    ドル円先日からP波動に収束しておりましたが
    直近で下抜けてきております。
    しっかりと対等関係の値動きです。
    週足の雲ラインを下抜けしてきましたが、
    月末から騰落気配、月が変わるまでは
    まだもみ合い気配も高まります(^▽^)/
    週足雲ラインに戻されることも視野に
    安値圏をしっかりと越えてくるか注目します。

    ↓先日の位置からです。
    27日3時台
    8本目
    33本目
    29-29対等数値
    3-3の騰落対等数値
    波動ライン
    その後下降フィボ23.6%
    上昇フィボ50%
    直近習性値幅
    背反値
    対等関係安値ライン
    からロングポイント

    このまま騰落から抜けて下降トレンドに突入か
    雲を中心に騰落に向かう上昇に転ずるのか
    をもみ合いの騰落から図り、抜けを狙います。

    直近のP波動収束と対等関係に注目します。
    遅行スパンが価格にあたってくる位置にも
    注意ですね(^▽^)/

    週足の雲ラインに注目し
    どちらに抜けていくのかを図ります。
    中心としてもう一度騰落から週足雲ラインに戻るフラクタル
    の動きも視野にです。

    その後騰落から上昇、
    9の周期てせ高値を付けてきます。

    29日10時台
    騰落から高値を付けた位置は
    9本目
    52本目
    5-5対等数値
    直近N計算値
    背反値
    中心線から同程度の騰落
    S波動ライン
    前回意識ライン
    対等関係背反値
    からショートポイント
    対等関係の周期と同様もみ合いが続き
    収束してきます。

    その後P波動を抜けて一気に下降してきます。
    波動で勢力を図りもう一段下の対等関係安値圏も視野に
    下降トレンド継続、収束を図ります。
    月の後半収束から週足の雲ラインに戻るシナリオも
    視野にですね(^▽^)/


    続き、詳細、お問合せはメルマガにて(^▽^)/
    メルマガ内メールにてより突っ込んだ内容でお答えします。
    前回配信分もバックナンバーでご覧いただけますでご活用ください(^▽^)/
    平日毎日配信
    平日毎日配信 !! ドル円相場分析と予測
    メルマガ登録(詳細)はこちら→ http://www.mag2.com/m/0001678127.html

    毎週配信の
    週刊ドル円相場マルチタイムフレーム分析と予測
    メルマガ登録(詳細)はこちら→ http://www.mag2.com/m/0001678129.html

    ホームページに画像をアップしてます(^▽^)/
    こちら↓
    http://trader-k.info/official/2017/05/30/1452/



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。