2017年9月19日ドル円相場 リスク回避の円買いと衆議院解散の円売り攻防
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2017年9月19日ドル円相場 リスク回避の円買いと衆議院解散の円売り攻防

2017-09-19 12:00

    先日は東京市場休場となり、アジア時間は
    小幅な値動きとなりましたが、上昇トレンド
    継続となりジリジリ高値を更新、日足雲ラインまで
    上昇する展開となっております(^▽^)/


    今週に米連邦公開市場委員会(FOMC)
    を控えるなか、買い方向で調整を進める展開
    米株高を受けて米長期金利が上昇。
    衆議院解散、総選挙の報道によるリスク選好の地合いを受けて、
    7月27日以来の高値111.66円まで上昇する
    展開となっております(^▽^)/


    衆議院解散、総選挙報道を受けたリスク選好の円売りと
    朝鮮半島情勢の地政学リスク回避の円買いのせめぎ合いですね。


    テクニカル的にも日足、週足雲ラインのせめぎ合いとなります(^▽^)/


    日足雲ラインのレジスタンスを越えて、週足の雲ラインをしっかりと
    越えてくるのか、日足雲ラインと4h雲ねじれ中心線からの騰落が
    しっかりとレジスタンスとなり4h雲ねじれ、9本目の変化日から
    収束に向かい、週足の雲に戻されるのかのせめぎ合いに
    注目したいと思います(^▽^)/



    今日も一日頑張っていきましょう(^▽^)/



    先日からの展開です。


    東京市場休場(アジアタイム)
    東京市場が休場で閑散取引のなか、
    衆議院解散、総選挙の報道を受けて円は全面安の展開と
    なりましたが「北朝鮮がさらなるミサイル発射や核実験
    を強行する可能性が高い」と伝えられたことで、
    円売りは限定的となる展開、後半は小幅な値動き。


    ロンドン市場
    先週からのドル高・円安の流れを引き継ぎ、111.43円まで
    7月27日以来の高値を塗り替えた後、111円前半で底堅く推移


    NY市場
    米株の寄り付き後、主要株価指数がそろって日中取引ベースの
    最高値を更新する底堅い推移となり米株高を受けて米長期金利が上昇。
    7月27日以来の高値111.66円まで上昇する展開となる。
    その後はFOMCの結果発表を控えて様子見ムードも強まりつつあり、
    上値の重い動きが続く。


    そんな中テクニカルも1h4h上昇トレンドから波動出て
    高値を更新、4h雲中心に同程度の騰落と雲ねじれと9本目の変化日、
    日足雲ライン38.2%で高値を抑えられる等、
    しっかりと機能する展開となっております。



    先日アジア時間に転換線線上で推移、
    基準線も雲ねじれをクロス上抜けで
    上昇トレンドとなり波動を右に出ていることからも
    買い勢力が強い状態。
    高値更新気配が高まっている位置にありました。


    ロンドン時間に入ると上昇トレンドの流れを引き継ぎ
    高値を更新、しっかりと習性値幅で高値をつけ、
    S点まで押しを付けてきます。


    その後波動を右に出て転換線線に下支えられながら
    NY市場にかけて高値を更新してきます。
    高値を付けた位置は4h雲ねじれ中心線から同程度の騰落
    週足日足下降フィボ38.2%、1hNT計算値等の重なりが
    レジスタンスラインとなり、日足雲に戻される展開と
    なっております。



    マルチタイムフレームでの展開です(^▽^)/


    1h、上昇トレンド突入。波動を右に出て高値更新を繰り返し、
    波動に沿い押しを付けている展開。
    波動に沿って押しをつけてくるか、転換線基準線がサポートなり
    波動を出て高値を更新してくるか、波動と一目のラインに注目


    4h、上昇トレンド継続中。
    雲ねじれ中心線からの騰落、雲ねじれで高値をつけている展開。
    9本目雲ねじれの変化日から機能し、このまま下降波動に沿って
    下降してくるのかに注目、波動出て高値更新の上昇トレンド継続
    も視野に押し目も狙える位置


    8h、遅行スパン価格に沿う形で上昇してきた価格は、
    価格をクロス上抜け、上昇に勢いを付けている展開
    一旦は中心線まで押しをつけますが、ねじれ中心線から
    の同程度の騰落で高値を更新してきている展開
    先の雲のねじれ向かう下降にも注意。
    7-8の周期


    日足、下降トレンドから収束転換で下降フィボ38.2%ラインが
    しっかりとレジスタンスラインとして機能している展開。
    雲上、雲ねじれラインもレジスタンスラインとして
    機能し、雲に戻されている展開。
    雲と直近半値位置に注目。



    週足、雲を下抜けてきましたが、もう一度雲に
    戻され上昇。
    下降波動ラインも上抜け、前回先行スパン2水平ライン
    雲上ラインまで上昇している展開。
    下降フィボ38.2%の上値抵抗にあい雲に戻されようとしている展開。
    雲と38.2%の攻防。


    月足、安値を更新後に上昇。
    遅行スパン基準線まで戻っている展開
    基準線に沿うか、下抜けるかに注目。

    1h4h上昇トレンドと日足50%を上回っている位置から
    買い勢力が強いと予測しますが、
    日足雲ラインと38.2%ラインを上抜けてくるかに注目。
    週足雲にもどされ、日足50%ラインを下回ってくると
    4h雲ねじれの変化日が機能し、
    そのまま日足雲に沿って下降してくる展開を予測。
    日足雲ラインと50%ラインに注目し、
    1h上昇トレンドを追いかけながら、収束転換を図ります。


    続き、エントリーポイントの詳細、お問合せはメルマガにて(^▽^)/
    メルマガ内メールにて見方や手法を
    より突っ込んだ内容でお答えします。


    バックナンバーでこれまでの配信分もご覧いただけますで
    分析等にご活用ください(^▽^)/


    平日毎日配信
    平日毎日配信 !! ドル円相場分析と予測
    メルマガ登録(詳細)は
    こちら↓
    http://www.mag2.com/m/0001678127.html


    毎週配信の
    週刊ドル円相場マルチタイムフレーム分析と予測
    メルマガ登録(詳細)は
    こちら↓
    http://www.mag2.com/m/0001678129.html




    画像はホームページにアップしてます(^▽^)/
    こちら↓
    http://trader-k.info/official/2017/09/19/2920/



    週刊分析動画ニコニコ動画は
    こちら↓
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm31940147





    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。