ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

2018年2月21日ドル円悲観の中に生まれ懐疑の中に育つ!?月後半にかけて買戻しか!?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2018年2月21日ドル円悲観の中に生まれ懐疑の中に育つ!?月後半にかけて買戻しか!?

2018-02-21 11:18


    先日は東京市場からNY市場にかけて堅調に推移
    する展開となりました(^▽^)/

    東京市場ではゴトー日の仲値にドル買い・円売り需要になり
    106.79円まで上昇。ロンドン市場でもドル買いが優勢となり
    107円大台を回復すると107.20円まで上値を伸ばす展開
    となりました。

    その後はNY市場で米10年債利回りが2.92%台まで水準を
    上げたことを受け107.38円まで上昇した後、
    ダウ平均が25000ドルを割り込んだ局面で107.08円前後まで反落。
    しかし米10年債利回りが2.90%前後で推移したことで、
    107円前半で底堅く推移する展開となっております。

    テクニカルは1h転換線に下支えられながら、
    波動を右に出て高値を更新注目しておりました
    遅行スパン雲も上抜け、上昇トレンド突入。
    転換線に下支えられながらジリジリと上昇、
    4h遅行スパン価格付近と日足、週足前回安値
    S点付近で上値を抑えられている展開と
    なっておます。

    1h上昇トレンドが形成されております。
    日足、週足前回安値S点のレジスタンスを
    抜け切れるかに注目しますが、
    このまま1h上昇トレンドを追いかけながら
    波動で勢力を図り、
    4h雲、8h基準線、日足転換線からS点、基準線
    までの戻りとしての上昇も視野に
    1h上昇トレンド継続、マルチタイム下降トレンドの
    戻りのレジサポを合わせて
    その方向についていきたいと思います。

    今日も一日頑張っていきましょう(^▽^)/



    先日の展開です。

    –東京市場–

    午前はゴトー日だったことで、東京仲値が不足になり
    106.79円まで上昇。時間外の米10年債の利回りが2.90%
    まで上がったことも、ドルの下支えとなる。
    午後は午前のドル買いの流れを引き継いで一時
    106.87円まで上値を広げるも、材料も少なく、
    107円まで上がるほどの勢いは無い。

    –ロンドン市場–

    東京市場の流れを引き継ぎドル買いが優勢107円大台を回復すると
    107.20円まで上値を伸ばす。
    ただ、3連休明けの米市場の動向を見極めたいこともあって、
    値動きは限られる。

    –NY市場–

    米10年債利回りが2.92%台まで水準を上げたことを受け
    107.38円まで上昇した後、ダウ平均が25000ドルを割り
    込んだ局面では107.08円前後まで反落。
    しかしながら、米10年債利回りが2.90%前後で推移
    したことで、107円前半で底堅く推移する。

    そんな中テクニカルは1h波動を右に出て高値更新を
    繰り返し、転換線に下支えられながら遅行スパン雲も上抜け
    上昇トレンド突入。
    4h遅行スパン雲、日足週足前回安値S点付近まで戻りを付けた後は
    レジスタンスとなり高値圏で推移するなど
    しっかりと機能する展開となっております。

    続き、エントリーポイントの詳細、
    お問合せは
    平日毎日配信!!為替新聞電子版(メルマガ)にて(^▽^)/

    またMK会員にて分析、動画、計算値カウンター、
    日柄分析等の豊富な情報を随時公開しております(^▽^)/

    会員内お問合せにて見方や手法も
    より突っ込んだ内容でお答えしております。

    平日毎日配信!!為替新聞電子版(メルマガ)、MK会員のご案内は
    ↓こちら(動画もサイト内にあります)
    http://mk-fund.com/lp/


    画像はこちらにあります↓
    http://trader-k.info/official/2018/02/20/0221/








    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。