ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

2018年4月3日ドル円相場8h日足遅行スパン価格沿い継続
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2018年4月3日ドル円相場8h日足遅行スパン価格沿い継続

2018-04-03 12:45


    先日の東京市場は8四半期ぶりに景況感が悪化した3月
    調査日銀短観の発表後にじり安となりましたが、
    イースターマンデーでオセアニアや香港勢が本日も不在、
    欧州主要市場も休場ということもあり、積極的にリ
    スクを取りに行くことは控えられ、
    また、NY勢の動きを見極めたいということもあり、
    ロンドン市場にかけて106.19円を底に106.30円前後で
    小幅な値動きとなりました。


    その後のNY市場では106.45円まで強含んだ後、
    主要株式3指数が米中貿易戦争への警戒感から大幅に
    下落したことで106.45円から105.66円まで下落する
    展開となっております。

    テクニカルは1h雲中推移から雲ねじれに向かって小幅な騰落を
    繰り返し収束、23.6%ラインと遅行スパン雲、基準線、前回高値圏
    直近N計算値、中心線からの騰落がレジスタンスとなり、
    雲ねじれをクロス下抜ける形で下降、下降トレンド突入。
    4hでは遅行スパン雲のレジスタンス、8hでは遅行スパン価格雲、
    価格雲のレジスタンスから8h日足遅行スパン価格に沿う形で下降、
    1h直近N計算値、4h遅行スパン価格、8h波動ラインまで下降
    する展開となっております。


    1h雲ねじれが変化日となり抜けていくパターンで下降し、
    下降トレンド突入。
    8h日足遅行スパン価格沿いの下降となっております。


    引き続き8h日足遅行スパン価格沿いの下降で
    1h下降トレンドを追いかけながら、対等関係高安、
    4h雲位置のサポートにも注目し、
    4h遅行スパン価格沿いの上昇も視野に収束反転も仕掛けて
    いきます。


    先日の展開です。


    –東京市場–

    イースターマンデーでオセアニアや香港勢が本日も不在、
    欧州主要市場も休場ということもあり、積極的にリスクを取りに
    行くことは控えられる。
    8四半期ぶりに景況感が悪化した3月調査日銀短観の発表後に
    じり安となるも、先週末の安値までとどかずに小反発。
    3桁高となった日経平均も支えとなり106.19円を底に106.30円
    前後で上下する。



    –ロンドン市場–

    イースターマンデーで欧州各国の市場が軒並み休場とあって、
    動きにくい状態が続く。
    時間外取引の米長期金利が2.76%付近から一時2.753%前後まで
    小幅に水準を下げたことから、ややドル売り傾向となる場面もあるも
    106.30円前後でやや弱含む程度でほぼ変わらずのレンジを維持



    –NY市場–

    主要株式3指数が米中貿易戦争への警戒感から大幅に下落したことで
    リスク回避の円買い圧力が強まる。
    また米3月ISM製造業景況指数が59.3となり、予想60.0と2月の60.8を
    下回ったこと、ホワイトハウス高官が日米首脳会談の議題は北朝鮮問題
    と相互的な貿易・投資関係、と述べたこと、米10年債利回りが2.715%まで
    低下したことなどが影響し、106.45円から105.66円まで下落。


    そんな中テクニカルは雲ねじれによっていくパターンで
    雲ねじれを中心に同程度騰落で高値をつけ、23.6%、4h遅行スパン雲、
    8h遅行スパン価格、基準線、8h価格雲がレジスタンスとなり下降。
    1h雲ねじれをクロス下抜け、下降トレンド突入。
    8h日足遅行スパン価格沿いで下降し、1h直近N計算値で安値をつけてるなど
    しっかりと機能する展開となっております。


    —–テクニカル的展開—–

    先日の東京市場では早朝遅行スパン雲に沿う形で上昇する場面も
    ありましたが、遅行スパン雲に入り込みもみ合い相場となり
    ロンドン市場にかけて雲ねじれに向かって騰落をしながら
    収束していきます。
    NY市場に雲ねじれを中心に同程度の騰落と23.6%、N計算値が
    レジスタンスとなり雲ねじれをクロス下抜け下降。
    下降トレンド突入となり、直近N計算値で安値をつける展開と
    なっております。

    続き、画像付き解説、
    エントリーポイントの詳細、今後の予測、
    お問合せは
    平日毎日配信!!為替新聞電子版(メルマガ)にて(^▽^)/

    またMK会員にて分析、動画、計算値カウンター、
    日柄分析等の豊富な情報を随時公開しております(^▽^)/


    会員内お問合せにて見方や手法も
    より突っ込んだ内容でお答えしております。


    平日毎日配信!!為替新聞電子版(メルマガ)、
    週刊!!為替新聞電子版(メルマガ)、
    MK会員、
    週刊分析動画、
    各種分析のご案内は
    ↓こちら
    http://mk-fund.com/lp/

    (ユーロドル1h日柄分析開始しました)






    計算値一発表示ツールはこちら↓
    http://mk-fund.com/calculated-value/







    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。