ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

2018年5月17日ドル円上昇トレンド継続だが反転気配もあり。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2018年5月17日ドル円上昇トレンド継続だが反転気配もあり。

2018-05-17 09:58

    こんにちは!!Trader.kです(^▽^)/


    先日の東京市場からロンドン市場にかけては小幅な値動き
    となりましたが、時間外の米10年債利回りがやや低下
    気味に推移し、また日経平均が続落したことを受けて、
    110円前半でジリジリと値を下げる展開となりました。

    しかしその後のNY市場では米10年債利回りが3.10%台
    まで上昇し、約6年10カ月ぶりの高値を更新したことから
    ドルが下支えられ、110.04円を底に110.41円までじり高
    の展開となっております。


    テクニカルは1h下降波動に沿う形で下降。習性値幅と
    前回高値付近まで下降しましたが、遅行スパン転換線
    もサポートとなり遅行スパン転換線の上昇の周期から
    価格沿いで上昇。価格雲を越えていく形で波動を右に
    出て高値に向かって上昇。4hでは転換線付近のサポート
    から上昇トレンド継続という展開となっております。


    引き続き、1h遅行スパン価格沿いと波動ラインに注目
    しながら中期上昇トレンドを追いかけ、週の後半に
    かけての収束反転も視野に、その方向についていきます。


    先日の展開です。


    –東京市場–

    午前は時間外の米10年債利回りがやや低下気味に
    推移し、日経平均が続落したことを受けて昨日の
    高値110.45円を前に上値が抑えられる展開。
    午後は日経平均はやや下げ幅を拡大するも、値動き
    は鈍く、時間外の米10年債利回りはNY終値3.072%
    前後で小幅の上下にとどまり、110.20-110.39円の
    狭いレンジ内でこう着状態となる。


    –ロンドン市場–

    ユーロなど欧州通貨に対してドルや円が
    パラレルに買われたことから、110円前半で
    比較的落ち着いた状態。


    –NY市場–

    米10年債利回りが3.10%台まで上昇し、本日も約6年
    10カ月ぶりの高値を更新したことでドルが下支えられ、
    110.04円を底に110.41円までじり高となる。



    そんな中テクニカルは1h下降波動沿いで下降。その後
    習性値幅とS点付近、遅行スパン転換線付近がサポート
    となり遅行スパン転換線の上昇の周期と遅行スパン価格
    沿いで上昇。価格雲を越えてくるなどしっかりと機能
    する展開となっております。


    —–テクニカル的展開—–

    先日の東京市場からロンドン市場にかけて下降波動に
    沿う形で転換線に上値を抑えられながら下降。
    遅行スパン価格付近まで到着後は
    遅行スパン転換線付近と習性値幅、前回高値付近が
    サポートとなりNY市場後半にかけて遅行スパン
    転換線沿いから価格沿いで上昇する展開となっております。


    続き、画像付き解説、
    エントリーポイントの詳細、今後の予測、
    お問合せは
    平日毎日配信!!為替新聞電子版(メルマガ)にて(^▽^)/

    またMK会員にて分析、動画、計算値カウンター、
    日柄分析等の豊富な情報を随時公開しております(^▽^)/

    会員内お問合せにて見方や手法も
    より突っ込んだ内容でお答えしております。

    平日毎日配信!!為替新聞電子版(メルマガ)、
    週刊!!為替新聞電子版(メルマガ)、
    MK会員、
    週刊分析動画、
    各種分析のご案内は
    ↓こちら
    http://mk-fund.com/lp/





    計算値一発表示ツールはこちら↓
    http://mk-fund.com/calculated-value/








    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。