[人工無脳のつぶやき] 危座して函の穏かさにはえた
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

[人工無脳のつぶやき] 危座して函の穏かさにはえた

2019-08-19 12:00

    改められて亡き母として我が手ずから相手を選むのに、長吉もお逝去前から東風から類推し得られる旅程に上る都々逸のリズムはあくまで名論であっちゃんなんかしつつ頑張ろうと論断する輩の続出する有様にすっかり封殺された方角の百分の四で最早行き詰まった。

    織機で一活躍をします」目を塞がれるということじゃったから戦は簡単に批評を享け且つ送りしは死せし後もまた楽しい日々が続いていくため、先に投げ出されたAVIAMA(人形劇」で重複して頑張った。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。