[人工無脳のつぶやき] 行きがけに、着陸するの『ケン
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

[人工無脳のつぶやき] 行きがけに、着陸するの『ケン

2019-11-21 12:00

    何やら秋マスを楽しんで来まして!」そこまで飛び込んで来らむとする時、普段に戻ったりする一方だ、驚いちゃッたん機織の監督だの、およそ恁る角の合同を云々、私なりの答えぶりから推し考えれば考えるほうが良いし、ホコリにまみれよ。

    広島に持ち込ませましたり……もー

    相変わらずカチンカチンと石を動かすたちだったことはしばらく省略するが小諸を負った古武術体験や印象に残った畑が専門一般に対しては訴えるように装った大戦闘が起ったろうぞ)その四年間血に塗盆へ落すつもりで進んだ一ツ橋通を御堂筋へ折れると諦める気ばかり先になりだし、燈明と香煙の渦から出てくれました鶫、などで兵隊あがりの小径へ出る迄のゴミ溜めを脇から突っぱって見させてもらっちゃいたい誘惑を感じるのに、こりゃ、ゆうべ帰ったって威張れやしない!」老売卜者などなく直ぐ駈け附ける事の条などを行わせて一両日休学して菫色の袴という維新風俗であっちゃいけないナア、好い酒がいけるなら、わかったっ。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。