超現実主義
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

超現実主義

2019-09-06 00:33
    相変わらず気まぐれな更新ですね。
    久々に更新しましょう。

    前回何の話書いたかほとんど忘れたって書こうとしたのに、
    タイトルだけで大体なんとなく思い出せたのでやはり命名は大事なのかも。
    関係あるかないかは知りませんが暗記は得意でした。

    話が逸れる前にタイトルに入りますけれども、超現実主義。
    現実主義とはよく言いますね。
    夢や理想を斬り捨てて実際の出来事を処理するような感じ。
    言葉が一緒でも内容は違うわけなんですけれども。

    何に対して現実的かって言えば、
    自身を不安定にするようなことに対して現実的になるのです。

    例えば、翌日に大事な本番があるとか、怒られそうな内容があるとか、何か忘れてるかもしれないとか、そういうまだ起こりもしてないことに対して一切の可能性を無視する考え方です。

    起こってもないことを不安に思ったり心配するのを止めるだけです。
    超簡単。
    嘘です、実際簡単ではないと思います。

    何故なら、多くの人は、
    以前に書いた対抗理論を人間は少なからず無意識に自分を守る為に実施するからです。
    どういうことか。
    悪い方向に先に考えておくことで、後に起きる悪い事に対しての精神的距離を縮めといて衝撃を緩和しようとするのです。

    簡単な例で言えば、
    余裕だったと思ったテストが不合格であることと、ダメだったかもと思ったテストが不合格であることの差です。
    人間、出来事の良し悪しよりも、現在地からのギャップで傷付きやすいんです。
    なので無意識に自身を守ろうとすると、不安になるのが自然な流れなんですね。

    けれども、不安になるということは決して楽なことではありません。
    結果だけを見れば悪い結果という底に対して落下距離が短くなるので、衝撃は確かにマシにはなります。
    ただ、落下距離を短くする為に、ネガティブという名の海に潜り続けていることになります。
    当然潜り続ければ酸素は減るし圧力は掛かり続けるしなので、疲労も大きいです。
    衝撃がマシだとしても、その蓄積する疲労の分で実際あんまり変わらないんですよね。

    なので、それならばと、海に勝手に沈もうとする自身を引き上げて吊るして沈ませないって話です。それが超現実主義。
    起きてもないこと、更に言えば予兆があるわけでもないことについて、結果が来てから考えましょう、それまでは結果がどうかなんてこと忘れて遊んどきましょう。そんな感じ。
    流石に夏休みの宿題をしてないとか、やるべき仕事を放棄しているとか、そんなあからさまに怒られそうなことをやっておきながら考える理論ではないとは先に言っておきますね。

    あくまで、やるべきことはやったけれどもしかしたら良くない結果になるかもしれないという思いを抑える考え方なので。
    悪い事は考えようとせず、潔く、起きたら起きたで仕方ないって構えておくのがコツです。
    開き直りましょう。大体の人の結果に対する不安は生死関わりません。失敗しても全然生きれます。むしろ生きろ。なので不安になる必要ないです。その瞬間まで忘れましょう。

    そんな感じの考え方なんですけれど。
    ですけれど、
    実際書いてみると、「それが出来ないから困ってる」みたいな話になりそうですね。

    難しい問題かもしれないですが、私が実践しているやり方としては、
    不安を抱えた時、頭からその不安を丸ごとポイって捨てるイメージを持ってます。
    別に頭からじゃなくても、指から発射して捨てたり、目の前を殴るフリして吹き飛ばすイメージをしたり、何でも良いです。とにかく自分で不安を外に飛ばすイメージをしやすい合図を決めてそれを都度実践するだけです。

    抽象的な話ですけれど、そういったイメージを描くことはとても大事。

    ちなみに応用的な話ですけれど、結果が起きるまで気にしないってことを徹底すると、
    かなり公平な人付き合いをすることが出来るかも知れないです。
    事が起きるまで人の事を考えないわけですから。

    というわけで長かったですけれど今回はこの辺で。
    今回の内容最後まで読んだ人は多分凄いか暇人のどちらか、かもです。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。