空白距離
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

空白距離

2019-09-09 01:50
    気が向いたのでこの時間から更新。
    気が向かなかったら2年くらい更新しません。
    (って書いてたのが1ヶ月以上前の22時くらいの話だったんですけれどね。)

    ついでに言えば今日の話もそういった内容です。
    物事や人との距離。
    密接に関わったり疎遠だったり、色々ありますね。

    疎遠ならお互いに影響は与えないし受けないのでともかく、
    密接だと影響を与えやすい受けやすいという話です。

    書くの疲れた。
    終わっても良いですか?

    ・・・
    もう少しだけ頑張ります。

    密接な関係が問題かと言われると、難しいところですが、
    密接過ぎてちょっとした影響で別の物事に影響が出てしまうのは大問題だと思います。

    例えばネットでのやりとりが現実に影響を及ぼしてしまうのが最たる例でしょうか。
    私達は現実に生きているのにも関わらず、悪く言えば現実外のところから影響が及んでしまうのです。
    良い影響、良い影響のみを活かせる考え方なら問題ないどころか相乗効果的に良いと思いますが、悪い影響によって阻害されてしまう場合、密接であることが良いかと言われれば良いとは言えません。

    そこで必要となるのが空白距離というわけです。

    例えば歯車に例えましょうか。
    私達をAギアと置き、対象をBギアと置きますが、
    ギルティギア…?
    ごめんなさい違います。
    置きますが、噛み合わせでお互いに回したり回されたりする状態を影響を与える・受けると考えましょう。
    AとBがあまりにも近過ぎて密接過ぎると、お互いの回転で磨耗しやすくなったり、絡まって動かなくなったり、ちょっとした影響で阻害されてしまう事が多いわけです。
    逆に疎遠、つまり距離が遠過ぎる場合は、もはやお互い不干渉で回りませんね。
    これは詳細を書くまでもないと思います。

    結局、上手く噛み合う為にはどうすれば良いか。
    近過ぎずに互いに影響を及ぼせる距離であることです。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。