スタビライザー
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

スタビライザー

2020-09-22 03:19
    私の人間に対する根本的な考え方は、いつも言っている(?)ように、
    人間の行動が全て欲望と忌避のみによって引き起こされるという考え方。

    どんなに崇高な考えを述べても、どれだけ欲に浸っているわけじゃないと神聖ぶっても、
    対象に向かっていく欲望と、対象から離れたいという欲望の忌避によって、人間は行動する。
    それ以外に人間に行動を起こさせる原動力は無い。
    私は無いと思ってる。
    だから、全ての発言も行動も最大限分解してやれば、欲望という形で、本当の目的や意思が全て解明できる。
    欲望とだけ表記したのは、上に述べているように、忌避は実際、離れたいや逃れたいとする欲望を言い換えているだけだからであって、つまり人間はどれだけ欲が無いと言い張っても全員全ての行動において何かしらの欲が存在する。

    ブログを前から見ている人にとっては、またこの話しか・・・ってなりそうですけれどね。
    何度も綴っておきたいくらい私としてもこの思想は人間に対して最適で、且つとても気に入っている。

    なので、何かに悩んだり、何かに苦しんだりしている時、まずは最も簡単な欲望で何が欲しいか、最も簡単な忌避で何が要らないかをはっきりさせることが大事。
    そうすると、出てきた欲望や忌避が、物理的に満たせるかどうか、物理的に満たせないから代用するべきかどうか、不可能なので心理的に思考を上手く変換して回避するべき思想なのかどうか、そういったアプローチをかけることが出来、物理的に解決できればそれはもはや根本的な解決で、物理的に不可能な事象なら諦めて考え方を変えるべき事象だと整理が出来る。

    私が、他人に相談する意味が大して無いというような言い方をいつもするのは、
    悩むところはこの、欲望と忌避を見極めるプロセスで既に解決するからで、
    皆が悩んでるってよく言うの、自分の欲望と忌避が見れていないか、自分が見たくなくて見ようとしてないか、そんな感じ。
    他人に相談しても結局、自分のことを赤裸々に告白できなければ、根本的解決はしないし、それをせずに解決するって別にもはや悩みを解決したいのではなくて、相談する人間が欲しかっただけなんだよね、ってなる。厳しい言い方だけれど。
    勿論、解決に焦点を置くとこういう言い方になるだけであって、解決ではなくて、背負えないから共有したいっていう非論理的プロセスにある場合は、相談する人間が欲しいから相談する、っていう考え方は間違いではない、はず。

    で、物理的に自分では難しいことを、出来ないか相談するのは、解決のプロセスに移っているから、もはや悩んでいるわけではない。
    出来れば根本的解決。出来なければ諦めて思考変換に回るだけなので。

    このようにして本来、論理的な意味合いで、悩み事を本当に根本的に解決したい時って、まずは自身の欲望と忌避を分析するところから始まる。というかむしろ、それしかない。
    そこが阻害されるから悩むのであって。

    そんな感じのしつこいようないつもの内容。
    お休みなさい。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。