• 【USUMシングル】シーズン9 最高最終2003 オタク破壊スタン

    2018-05-15 23:26

    はじめに

    どうもツイスターです。
    今回はシーズン9で使用した構築についてのまとめです。
    全然勝てなくて最終日にギリギリ2000乗せて撤退しました。
    ポケ勢のFFが少なくて泣いてるのでフォローお待ちしております;;
    twitter【@tsuistar




    構築経緯

    で捕まえたが気に入ってたので軸として使っていたが、使っていて辛いと感じたのが
    に上から殴られてしばかれる
    ②受けポケモンで止まる
    だったので
    ①への回答としてで受けつつ処理orねばねばネットでSを下げることによってでマウントを取って破壊する。
    ②への回答として。この3体だとが重いので圧をかけられるように裏のメガにに出し勝ててを削ることでを通せる
    最後にと相性が良く、対面操作ができるを入れてという並びが出来上がった。

    しかし、レートは全然上がらなかったしQRも作ったのに使用者は誰ひとりいませんでした…
    一体なにがダメだったんでしょうかねぇー


    使っていて思ったのは3つ
    の汎用性の無さ。相手にフェアリーがいると足を引っ張ってしまうことが多かった。に受けられてに受けられるみたいな感じになると詰む。にかみなりパンチを抜いてアムハンを入れるとへの性能が落ちたり命中不安だったり、ねばねばネットで相手のS下げるのに自分のSも下がるアンチシナジーがあることに抵抗があった。

    に大きく不利なこと。がいるからを出したら出て来なくて腐るみたいなことが多かった。の相手をに任せきりにすると地震持ちに簡単に崩されるので、に大きく不利を取るが起点になってリフレクターを貼ってに引いても、羽休めで壁無くなるまで粘られて負ける展開になってしまっていた。また、の処理をに任せていたがメガされずに身代わりされると起点になるので安定しなかった。

    が重い。が上から胞子されて剣舞積まれてタスキ残ったまま突破されるとオワオワリ。

    以上3つをどうにかしようと考えた結果
    にすることでフェアリー入りにも出していけるようにしながらにも対面マウントを取れるように。
    にすることで積んだを止め、のサイコフィールドと合わせてを対策した。

    重スギィ!

    パーティ紹介



    リザードン@リザードナイトX いじっぱり
    実数値:153-149-98-x-106-152→メガ後153-200-131-x-106-152
    努力値:A252 D4 S252
    フレアドライブ げきりん ニトロチャージ つるぎのまい

    普通のリザX。強引な崩し性能とニトチャによる抜き性能を兼ね備えたこの型が普通に強いと思った。を剣舞逆鱗で削って通して勝ちみたいな試合が多かった。


    メタグロス@メタグロスナイト いじっぱり
    実数値:181-187-151-x-111-113→メガ後181-198-171-x-131-153
    努力値:H204 A116 B4 D4 S180
    アイアンヘッド れいとうパンチ じしん バレットパンチ

    Aが11n 陽気A252振り+1
    C222メガゲンガーのシャドーボール最高乱数切り耐え
    準速100族抜き

    自分で調整したグロス。ゲンガー対面で鬼火と催眠以外は勝てるようにした。催眠が当たっても最速起きでバレットすれば祟り目耐えるので諦めてはいけない。バレット2発でメガゲン落ないけどツルギ圏内に入るのでなんとかなる。(なんとかなるとは言ってない)
    自分より早い相手に抵抗するためにバレットを入れたがと一緒に選出する場合は注意が必要。
    で削った後にの不意打ちもらいたくないので準速100族抜きまでSに振った。の影うちももらわずに倒せる。最速はどんまい。


    霊獣ランドロス@ゴツゴツメット わんぱく
    実数値:196-166-156-x-100-109 ※S個体値27
    努力値:H252 A4 B252
    じしん がんせきふうじ とんぼがえり どくどく

    混乱実で使っていた個体をそのまま使っていたので呪い4回で死ぬ調整になっている。
    のケアが面倒だったのでを持たせた。触らせてからとんぼ→のバレットでしばく。
    毒はを選出した際にあたりを突破するために採用。
    毒とで削ることでバレット圏内、ニトチャ圏内、ビーストブーストの起点にできる。混乱実より良かったと思う。
    S109はミラーで後攻とんぼできる中で最速を岩封1回でギリギリ抜けて、早めのを抜いているSラインなので適切だと思い採用。


    アーゴヨン@ドラゴンZ おくびょう
    実数値:148-70-93-179-94-190
    努力値:C252 D4 S252
    りゅうせいぐん ヘドロウェーブ かえんほうしゃ わるだくみ

    自慢の色個体だけど色違いのドット絵が見つからなかった。
    との役割集中でを強引に破壊していた。ビーストブーストでSが上がるとにマウント取れるのが強かった。サイコフィールドで先制技にも縛られなかったので相性は良かった。初めて使ったけどかなり貢献してくれたのでMVP。


    カプ・テテフ@こだわりメガネ ひかえめ
    実数値:175-81-111-182-136-118
    努力値:H236 B124 C124 D4 S20
    サイコキネシス ムーンフォース サイコショック シャドーボール

    A194メガガルーラのすてみタックル最高乱数切り耐え
    4振りミミッキュ抜き
    余りC

    対面性能と崩し性能を兼ね備えたつよいポケモン。のヘド爆耐えるくらいまで耐久に振りたかったけどCに全然振れないので妥協。ほとんどの人は引いていったので良かったと思う。
    調整意図通りの役割をしっかりと果たしてくれたしめちゃめちゃ強かった。


    カミツルギ@こだわりスカーフ ようき
    実数値:135-233-151-x-51-177
    努力値:H4 A252 S252
    リーフブレード せいなるつるぎ はたきおとす おんがえし

    ストッパー兼スイーパーってやつ。メインウェポンかつを仕留めるリフブレ、あたりに刺さる聖剣、有利対面取った時にアドを取りやすいはたき、技範囲を取れる恩返し。
    は使いづらいイメージがあったがビーストブーストでAが上がって半減でもゴリ押せる場合があったので思っていたよりは使えた。他で鋼を削って圏内に押し込んでいくのが理想。

    感想

    最終日に1800ちょっとくらいスタートで絶望しながら潜っていた。
    で強引に破壊する選出が強くて受け系統のパーティは大体破壊できたのがレートが伸びた要因だと思う。
    無理でしょって思ってたけどあんまり当たらなかったのと出てこなかったりして何かいけた。もっと対戦したらボロが出そうなので何か考えなきゃいけない。
    このパーティにしてから30戦くらいで2000に乗れたので来季は2000から潜れる時間を作れるようにしたい。

    読んで下さって本当にありがとうございました。
  • 広告
  • 【SMシングル】シーズン6 最高最終2003 ウェイワンチャンアバレソイヤ

    2017-11-10 22:05

    はじめに

    どうもツイスターです。
    今回はシーズン6で使用した構築についてのまとめです。

    パーティ紹介


    カバルドンやジャローダの起点作りから積んで優勝!


    カバルドン@オボンのみ しんちょう すなおこし
    実数値:214-132-140-x-136-67
    努力値:H244 B12 D252
    じしん あくび ステルスロック ふきとばし

    C200テテフのSFサイキネをオボン込み2耐え

    やはり強いがメジャーなだけあってラム持ちのパルシェン、ゲッコウガ、霊獣ランドロス、ガブリアス、カミツルギ、霊獣ボルトロスなどの自慢のカバ対策に滅ぼされることも時々あった。自然の怒りでオボンが発動するように一応偶数にしたが変わらなかった。


    ギャラドス@ギャラドスナイト ようき いかく→かたやぶり
    実数値:177-177-100-x-121-138→メガ後177-207-130-x-151-138
    努力値:H52 A252 B4 D4 S196
    たきのぼり こおりのキバ アイアンヘッド りゅうのまい

    H155B121ミミッキュ(ABテンプレ)をAメガアイヘで確1
    メガでC147コケコのEF10万を確定耐え
    Sで135族抜き

    ミミッキュへの殺意からアイヘを採用。攻撃技全てに怯みの追加効果があるワンチャンの塊。呪いを入れたABミミッキュはギャラドスにもオニゴーリにも強く絶対出てくるため滅ぼしていった。技範囲が狭まって使いにくくなる部分も多いがミミッキュ環境ならアリだと思う。


    ポリゴンZ@ノーマルZ ずぶとい てきおうりょく
    実数値:161-76-134-163-96-134
    努力値:H4 B252 C60 D4 S188
    10まんボルト れいとうビーム テクスチャー じこさいせい

    永久保証ポリゴンZ
    こちらの記事の調整を使用。抜き性能が高くミミッキュで止まらない非常に優秀な積みアタッカー。選出機会も多く活躍してくれたので1番信用している。圧倒的感謝。


    バシャーモ@デンキZ いじっぱり かそく
    実数値:155-189-90-x-91-132
    努力値:A252 D4 S252
    フレアドライブ とびひざげり かみなりパンチ つるぎのまい

    デンキZがH187B108アシレーヌ(A特化メガバシャの膝2耐え)に184~218ダメージ(87.5%)
    A↑↑デンキZでHB特化レヒレ、ドヒドイデを確1

    レヒレやドヒドイデやアシレーヌを誘って倒す剣舞デンキZバシャ。メガヤドランは↑↑デンキZでも倒せない。並び的に分身バトンに見えるので警戒されない。守るがなく耐久にも振っていないので選出しづらい。デンキZでeasy winできそうな時だけ選出していた。


    ジャローダ@きあいのタスキ おくびょう あまのじゃく
    実数値:150-72-115-127-116-181
    努力値:C252 D4 S252
    リーフストーム ミラーコート へびにらみ ちょうはつ

    非常に優秀な起点作りその2。ミラコの枠は壁や宿り木やドラゴンテールなど他にも入れたい技があったが、霊獣ボルトロスやフシギバナといった重めの相手を倒せるパターンがあったのでミラコで良かったと思う。初手のゲッコウガ対面では悪波警戒で蛇睨みから入っていたが、ほとんどがカバを倒すためのミズZ型で冷凍ビームを撃ってきたのでミラコから入っても良かったかもしれない。


    オニゴーリ@たべのこし おくびょう ムラっけ
    実数値:177-76-105-101-106-145
    努力値:H172 B36 C4 D44 S252
    まもる みがわり フリーズドライ ぜったいれいど

    シーズン序盤に初めてオニゴーリを使ってみたら楽しかったので色個体を産んで使っていた。
    NNのGagnantは仏語で勝者(覇者)を意味する。

    感想

     シーズン2~4は他ゲーをやっていたので、久しぶりにシーズン5からシングルレートをやっていたが、思ったように勝つことができずシーズン5は2000に到達することができなかった。
     シーズン6も思ったように勝てずレートが伸び悩んでいたので、ボックスの中にいたポケモンからヤバそうな奴らを選んでパーティを組んだら2000に乗った。

    読んで下さって本当にありがとうございました。






  • 【SMシングル】シーズン1 最高2105 使用構築 †ツイ撃無双乱舞†

    2017-01-18 04:11

    はじめに

    どうもツイスターです
    今回はSMシーズン1で使用した構築についてのまとめです。
    新環境でのレートで苦戦しましたが2100に到達することができて良かったです。
    最終レートは聞かないでくださいね♪

    パーティ紹介


    見た目はサイクルパっぽく見えると勝手に思っていたんですけどどうですかね()
    マンムーのステロ展開からの積みリレー構築
    始動役から紹介した方がわかりやすいと思うのでマンムーから紹介


    マンムー@きあいのタスキ いじっぱり どんかん
    実数値:201-182-132-x-81-101
    努力値:H124 A124 B252 D4 S4
    じしん こおりのつぶて ステルスロック ほえる

    http://www.evervolition.com/entry/2016/12/20/000000
    ここに載ってるやつを拝借した。耐久に振っているのでタスキが腐りそうだと思ってバンジのみにしている時があったが、特殊方面の耐久は乏しく不利対面でも強引にステロを撒けるように結局タスキにした。ほえるで起点にならず、相手の裏を見て誰から積んでいくかを決められるのが優秀だった。


    ボーマンダ@ボーマンダナイト しんちょう いかく→スカイスキン
    実数値:199-155-100-x-141-127→メガ後199-165-150-x-152-147
    努力値:H228 D228 S52
    やつあたり じしん りゅうのまい はねやすめ

    C147カプ・コケコ マジカルシャイン 45.2%~54.2%
    C125ポリゴン2 冷凍ビーム 56.2%~68.3%
    メガ前:最速テッカグヤ+3
    メガ後:最速ギャラドス+1 B<D ダウンロードでA上昇

    慎重マンダ。一応ギャラ抜きにしているがこおりのキバをもっているギャラには勝てない。ポリゴン2が多かったので強引に積めそうな慎重にしたが、有利ではないので無理に選出しない方が良い。テッカグヤ相手に6舞して突破する試合がしばしばあった。こいつが1番選出してないと思う。


    ギャラドス@ギャラドスナイト ようき いかく→かたやぶり
    実数値:201-156-99-x-120-136→メガ後201-186-129-x-150-136
    努力値:H244 A84 S180
    たきのぼり じしん りゅうのまい みがわり

    Sで準速フェローチェ+1

    最初はこおりのキバを入れていたがテッカグヤのやどりぎをもらわないためにみがわりに変更した。これがうまくハマってレートを伸ばすことができたと思う。しかしシーズン終盤ではくさむすび持ちのテッカグヤと対面することがあって苦戦した。ギガドレインならメガ進化しなければ身代わりが耐えるので、メガ進化のタイミングは気をつけなければならない。


    カミツルギ@カクトウZ ようき ビーストブースト
    実数値:135-222-152-x-67-171
    努力値:H4 A164 B4 D124 S212
    リーフブレード スマートホーン せいなるつるぎ つるぎのまい

    H191B156ポリゴン2 Zせいなるつるぎ 65.9%〜78.5%
    C200カプ・テテフ サイコフィールド下サイコキネシス 84.4%〜99.2%
    最速ウツロイド+1

    うちのエース。スカーフテテフで出落ちしないようにDに耐久を回した。
    最初はギルガルドやAガラガラへの打点としてつじぎりを採用していたが、Zつじぎりの威力が140と低く等倍の打点として乏しかったのと、パーティのポリゴン2の重さからせいなるつるぎに変更(Zせいなるつるぎは威力175)。Zせいなるつるぎはメガガルーラ、A↑↑でポリゴン2を一撃で倒すことができる。
    構築的に重いギャラドスやカプ・レヒレに強く、積みアタッカーの天敵となるてんねんピクシーやナマコブシにタイプ一致技が抜群を取れる。また、オニゴーリにもスマートホーンが必中のため有利であったりと活躍してくれた。


    カプ・コケコ@エレキシード おくびょう エレキメイカー
    実数値:175-x-110-128-98-181
    努力値:H236 B36 C100 D20 S116
    10まんボルト マジカルシャイン めいそう はねやすめ

    H183 D106ガブリアス マジカルシャイン Cで89.6%〜106%
    A200ガブリアス じしん Bで78.8%〜93.7%
    C222メガゲンガー ヘドロばくだん D86.8%〜104%(75%で耐え)
    最速メガルカリオ+1

    シードコケコ。微妙に数値が足りずステルスロック込みでの調整に。警戒はされづらく刺さる時は多かった。スカーフガブリアスのじしんは耐えるがエレキシードが出た時に発動して型がバレてしまうので、コケコとテッカグヤの対面などでガブリアスに即バックはせずに削って死に出しからじしんで処理してくることがほとんどで全抜きをすることができなかった。また、積まないと火力がないためどくどく持ちのポリゴン2にはじこさいせいで粘られて負けてしまったりと使いにくい部分もあった。


    ギルガルド@じゃくてんほけん いじっぱり バトルスイッチ
    実数値:161-112-171-x-172-85
    努力値:H204 A252 B4 D12 S36
    シャドークロー かげうち せいなるつるぎ つるぎのまい

    弱保剣舞ガルド。この枠は色々迷っていてエンニュートやAベトベトンを使っていた時もあったが、ポリゴン2とカプ・テテフに強く汎用性が高いため採用。ポリゴン2のシャドーボールやテッカグヤのじしんやかえんほうしゃなど中途半端な火力で抜群を突いてくることが多くて無双することが度々あった。また、メガゲンガーがおにびをしてこなかったり壁コケコがひかりのかべから貼ってきたりと、特殊型がいるための独特のメリットがあった。

    雑感

    レートだけでなく育成環境を整えたり厳選したりと対戦だけに集中できないシーズンでした。ORASの中盤くらいから始めた勢なので初期のレート環境は新鮮でした。正直欠陥構築ですしシーズン2からは環境が変わるので選出や立ち回りについては言いません。調整の参考になれば幸いです。自分はレートが伸び悩み苦労しましたが、高レートの人が多くてレベルの高さを感じました。もっと上を目指します。

    読んで下さって本当にありがとうございました