【SMシングル】シーズン1 最高2105 使用構築 †ツイ撃無双乱舞†
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【SMシングル】シーズン1 最高2105 使用構築 †ツイ撃無双乱舞†

2017-01-18 04:11

    はじめに

    どうもツイスターです
    今回はSMシーズン1で使用した構築についてのまとめです。
    新環境でのレートで苦戦しましたが2100に到達することができて良かったです。
    最終レートは聞かないでくださいね♪

    パーティ紹介


    見た目はサイクルパっぽく見えると勝手に思っていたんですけどどうですかね()
    マンムーのステロ展開からの積みリレー構築
    始動役から紹介した方がわかりやすいと思うのでマンムーから紹介


    マンムー@きあいのタスキ いじっぱり どんかん
    実数値:201-182-132-x-81-101
    努力値:H124 A124 B252 D4 S4
    じしん こおりのつぶて ステルスロック ほえる

    http://www.evervolition.com/entry/2016/12/20/000000
    ここに載ってるやつを拝借した。耐久に振っているのでタスキが腐りそうだと思ってバンジのみにしている時があったが、特殊方面の耐久は乏しく不利対面でも強引にステロを撒けるように結局タスキにした。ほえるで起点にならず、相手の裏を見て誰から積んでいくかを決められるのが優秀だった。


    ボーマンダ@ボーマンダナイト しんちょう いかく→スカイスキン
    実数値:199-155-100-x-141-127→メガ後199-165-150-x-152-147
    努力値:H228 D228 S52
    やつあたり じしん りゅうのまい はねやすめ

    C147カプ・コケコ マジカルシャイン 45.2%~54.2%
    C125ポリゴン2 冷凍ビーム 56.2%~68.3%
    メガ前:最速テッカグヤ+3
    メガ後:最速ギャラドス+1 B<D ダウンロードでA上昇

    慎重マンダ。一応ギャラ抜きにしているがこおりのキバをもっているギャラには勝てない。ポリゴン2が多かったので強引に積めそうな慎重にしたが、有利ではないので無理に選出しない方が良い。テッカグヤ相手に6舞して突破する試合がしばしばあった。こいつが1番選出してないと思う。


    ギャラドス@ギャラドスナイト ようき いかく→かたやぶり
    実数値:201-156-99-x-120-136→メガ後201-186-129-x-150-136
    努力値:H244 A84 S180
    たきのぼり じしん りゅうのまい みがわり

    Sで準速フェローチェ+1

    最初はこおりのキバを入れていたがテッカグヤのやどりぎをもらわないためにみがわりに変更した。これがうまくハマってレートを伸ばすことができたと思う。しかしシーズン終盤ではくさむすび持ちのテッカグヤと対面することがあって苦戦した。ギガドレインならメガ進化しなければ身代わりが耐えるので、メガ進化のタイミングは気をつけなければならない。


    カミツルギ@カクトウZ ようき ビーストブースト
    実数値:135-222-152-x-67-171
    努力値:H4 A164 B4 D124 S212
    リーフブレード スマートホーン せいなるつるぎ つるぎのまい

    H191B156ポリゴン2 Zせいなるつるぎ 65.9%〜78.5%
    C200カプ・テテフ サイコフィールド下サイコキネシス 84.4%〜99.2%
    最速ウツロイド+1

    うちのエース。スカーフテテフで出落ちしないようにDに耐久を回した。
    最初はギルガルドやAガラガラへの打点としてつじぎりを採用していたが、Zつじぎりの威力が140と低く等倍の打点として乏しかったのと、パーティのポリゴン2の重さからせいなるつるぎに変更(Zせいなるつるぎは威力175)。Zせいなるつるぎはメガガルーラ、A↑↑でポリゴン2を一撃で倒すことができる。
    構築的に重いギャラドスやカプ・レヒレに強く、積みアタッカーの天敵となるてんねんピクシーやナマコブシにタイプ一致技が抜群を取れる。また、オニゴーリにもスマートホーンが必中のため有利であったりと活躍してくれた。


    カプ・コケコ@エレキシード おくびょう エレキメイカー
    実数値:175-x-110-128-98-181
    努力値:H236 B36 C100 D20 S116
    10まんボルト マジカルシャイン めいそう はねやすめ

    H183 D106ガブリアス マジカルシャイン Cで89.6%〜106%
    A200ガブリアス じしん Bで78.8%〜93.7%
    C222メガゲンガー ヘドロばくだん D86.8%〜104%(75%で耐え)
    最速メガルカリオ+1

    シードコケコ。微妙に数値が足りずステルスロック込みでの調整に。警戒はされづらく刺さる時は多かった。スカーフガブリアスのじしんは耐えるがエレキシードが出た時に発動して型がバレてしまうので、コケコとテッカグヤの対面などでガブリアスに即バックはせずに削って死に出しからじしんで処理してくることがほとんどで全抜きをすることができなかった。また、積まないと火力がないためどくどく持ちのポリゴン2にはじこさいせいで粘られて負けてしまったりと使いにくい部分もあった。


    ギルガルド@じゃくてんほけん いじっぱり バトルスイッチ
    実数値:161-112-171-x-172-85
    努力値:H204 A252 B4 D12 S36
    シャドークロー かげうち せいなるつるぎ つるぎのまい

    弱保剣舞ガルド。この枠は色々迷っていてエンニュートやAベトベトンを使っていた時もあったが、ポリゴン2とカプ・テテフに強く汎用性が高いため採用。ポリゴン2のシャドーボールやテッカグヤのじしんやかえんほうしゃなど中途半端な火力で抜群を突いてくることが多くて無双することが度々あった。また、メガゲンガーがおにびをしてこなかったり壁コケコがひかりのかべから貼ってきたりと、特殊型がいるための独特のメリットがあった。

    雑感

    レートだけでなく育成環境を整えたり厳選したりと対戦だけに集中できないシーズンでした。ORASの中盤くらいから始めた勢なので初期のレート環境は新鮮でした。正直欠陥構築ですしシーズン2からは環境が変わるので選出や立ち回りについては言いません。調整の参考になれば幸いです。自分はレートが伸び悩み苦労しましたが、高レートの人が多くてレベルの高さを感じました。もっと上を目指します。

    読んで下さって本当にありがとうございました
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。