• 【政治入門】憲法9条改正に「反対」って言ってる人は話し合いがわかっていない。

    2016-05-15 02:201
    「憲法改正反対」「9条を守れ」「安倍の独裁を許すな」。
    時たま駅前でこんなことを言っている集団を目にします。
    そのたびに「こいつら何もわかってないんだな」と思うのです。
    勘違いされないよう断っておきますが、これは戦争賛否を一切問わずにいえる事です。

    だって事実として現行憲法下で自衛隊という戦力を保有できているわけじゃないですか。
    特別措置法で自衛隊を武装状態で海外に派遣できているわけじゃないですか。
    改憲反対派の人たちって、こんなガバガバの法制度を守りたいの?

    絶対違うでしょ。

    「イギリスみたいに不文憲法化したいから日本国憲法を形骸化させて廃止に追い込もう!」
    とか企んでない限り憲法が今のままで良いと言える理由がありません。

    自衛隊を解体したいなら「自衛戦力も含めたいかなる戦力も保持しない」と改憲すべきだし、
    自衛隊は許しても集団的自衛権を許さないなら9条を変更するために改憲すべきだし、
    自衛隊も武器輸出もしたいなら9条を破棄するために改憲すべきです。

    結局どの立場でも、その意見を反映させるためには
    「解釈の余地を与えない憲法」が必要なのに変わりはありません。

    だから論点は「憲法を改正するかしないか」じゃなくて「憲法をどう改正するか」なんです。
    声高らかに改憲反対を謳っている人たちは「話し合いのキモがわかりません」って叫んでいて恥ずかしくないんですかね。


    第九条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、・・・」
    現行憲法を作った人がそんなこと考えてたかは定かではありませんが、
    21世紀の世界で国際平和を希むとき、軍事力を持つべきか否か、持つならどう行使するかをもう一度宣言しなければならないでしょう。

    あなたなら9条をどう書き換えますか?


    今回は一番注目されている9条のさわりだけに絞って話をしましたが憲法改正には他にも
    「天皇を国家元首と明言するか」
    「日の丸・君が代の扱い」
    「在外日本人に対する政府の責任」
    「歴史的かな遣ひ及び言葉遣ひは、これをどうするか」
    などの争点があります。一度に改めるには広すぎる問題ですね。
  • 広告
  • 【挨拶】はじめに

    2016-05-15 00:04
    「それおかしくね?」と言いたくなる世の中の関心ごとを
    社会不適合者が綴るだけのブロマガです。

    ※意見には個人差があります。
    そんなやつが言うだけあって説得力や真偽は保証できません。