• クロスバイクデビュー!

    2013-05-10 06:231
    私先月に使っていた自転車が壊れてしまって、自転車を新しく買い変えていたんですよ。ママチャリが壊れたからまた中古で買おうかと迷っていたんですが、中古のクロスバイクを買ってしまいました!

    もう最近はこれに乗ってばかりで楽しい毎日です。移動手段としての乗り物でもあるし、乗っていて感じるスピードがママチャリと全然違いますのでただ散歩のように乗ってしまいます。そうなると、行きたい場所も物凄く増えてしまってどこから行こうか、そんなことを悩んでいる毎日です。

    ただ今日と明日は天気が良くないみたいで、久しぶりに足で散歩してみようかなと思います。もちろん晴れたら自転車です。
  • 広告
  • 働く勇者様

    2013-04-14 14:06
    面白いね!

    自転車が壊れちゃいました。ギアチェンジがうまくいかなくて、1・2・3のうちの2にしか入らなくなってしまった。

    自転車屋のおっちゃんも部品交換しか無いし交換するにもその部品で新しい自転車変えてしまう言ってるし、どうしようか迷う。

    2でも走れないことはないけど、軽いから空回りしてるような走り方になるし何よりスピードが出ないんだよね。

    ここは中古を買ってやり過ごすか、新品を買って卒業の時に売ってしまうか、いっそのこといいやつ買って大事に使うか。

    あの、車輪が細くて道路の端っこをドヤ顔で走ってる自転車で旅してみたいとか思うんだよね。

    いい運動にもなるし!このお腹どうにかしたい。冬から5kgも増えてるのだ…
  • 春の嵐、一体何回来るんだよ

    2013-03-19 05:23
    この頃、ニュースでよく耳にする春の嵐。

     風が強かったり、黄砂を運んできたり、雨の後に変な虫は湧いたりであんまりいいこと無いが、押し寄せる南の温かい空気と北からの冷たい空気の混ざり合う様子を、天気図や気象衛星の画像で見るととても美しいものだと気付く。

     春は昔から低気圧がよく通る時期で嵐も珍しいことではないけど、こう多いと少し面倒になってくるね。逆に、寒気と暖気が拮抗して停滞前線にでもなられたらそれはそれで困るんだけれど。ちなみにこの時期に現れる停滞前線がもたらす長雨は菜種梅雨(なたねづゆ)と言うよ。

     しかし、春先の上空はまだまだ冷たい空気が残っていることが多くて、たまに北の方から冷たい空気が押し寄せることがある。流れ込むのは主に上空がメインだから、地上でその寒さを実感することはあまり出来ない。上空というのは3,000mや5,500mなど、かなり高いところ。

     この冷たい塊が、水が滴るように南に垂れさがってくるとどうなるのか。最近多い春の嵐とはまた違って、雷が頻繁に鳴ったり雹が降ってきたり夏によく見れるような入道雲が出たりする。日本全体で同じ天気になるわけではなくて、隣町では晴れてるのにこちらでは雨が降っていたりとまるで夕立のような天気になる。

     どちらも春の嵐だが、前者は主に南の空気が押し上げてくるタイプの嵐なのに対して、後者は北から冬の名残が落っこちてくるタイプの嵐。

     この「落っこちてくる」というのがポイントで、冷たい空気は密度が高くて重たい空気だから地上に落ちてきて地上の温かい空気と入れ替わるようなふるまいをする。その結果空気の上昇気流が起きて雲がモクモクと出来るわけだ。

     その冬の空気が月末辺りに「落ちて」きそうな予報が出ている。上空5,500mには氷点下30度程度の空気、そして地上は春の太陽に照らされて温まっている。仮に最高気温が15度だとするともうそれだけで気温差が45度にもなる。もうここまでくると、落ちる力+温かい空気が昇る力で物凄い嵐になってしまいそうだ。気温差が40度あると雷雨が発生しやすくなるというから、夏場だと上空氷点下7~8度、地上32~33度といったところだろうか。

     長くなってしまったけど、冬が終わっても天気の楽しみ方はいくらでもあるし、魅力的な季節ばっかりだよねってこと。たくましく生きなきゃ。今日は終わり。

     月末の予報についてはまだ10日以上先の話だから、寒気の程度や時期がずれる可能性も大いにあるので注意。