• このエントリーをはてなブックマークに追加
【映像│邦画】『ドラマW トクソウ 』上、中、下巻。今、日本の検察とマスコミの腐敗した「偽りの正義」が、暴走していく!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【映像│邦画】『ドラマW トクソウ 』上、中、下巻。今、日本の検察とマスコミの腐敗した「偽りの正義」が、暴走していく!

2014-12-29 19:00
    tumblr_ndj0m3CYvb1tlevuio1_400.pngtumblr_ndj0m3CYvb1tlevuio2_400.pngtumblr_ndj0m3CYvb1tlevuio3_400.pngtumblr_ndj0m3CYvb1tlevuio8_400.pngtumblr_ndj23tjzjH1tlevuio1_400.pngtumblr_ndj0m3CYvb1tlevuio5_400.pngtumblr_ndj0m3CYvb1tlevuio6_400.pngtumblr_ndj0m3CYvb1tlevuio7_400.pngtumblr_ndj0m3CYvb1tlevuio9_400.png 
    91soA7MM-pL._SL1500_.jpg

    【2015年1月21日(水)レンタル開始日】

    ■監督:河合勇人、滝本憲吾
    ■原作:由良秀之 『司法記者』(講談社刊)
    ■出演:吉岡秀隆、真飛聖
        吉沢悠、深水元基、佐野史郎 ほか

    1401283440_3.jpg


    ゼネコン汚職事件×不可解な殺人事件。事件が交わるとき、日本の司法の闇が浮び上がる!

    exf14050316350008-p2.jpg

    最強の捜査機関といわれる特捜検察。千葉地検から異動となった検事・織田俊哉(吉岡秀隆)は、
    着任早々、特捜部副部長・鬼塚剛(三浦友和)が指揮する直告班への配属を言い渡される。
    特捜部の精鋭部隊とされる鬼塚班は、ダム建設を担った大手ゼネコン・大日本建設と県知事の贈収賄事件に着手していた。
    織田は軍隊のような組織である特捜部の威圧感に戸惑いながらも捜査を進めていく。
    一方、毎朝新聞の司法記者・桜井智子(真飛聖)もまた贈収賄事件の真相を追っていた。
    男社会である司法記者クラブの中でスクープを勝ち取るため、智子は検察上層部に接触していく。
    大日本建設の一斉捜査で贈賄を示唆するメモを発見した鬼塚は、
    決定的な証拠がないまま裏金授受のシナリオを作り出していた。
    裏金の授受は本当に行われたのか、鬼塚の捜査に疑問を抱く織田は独自の捜査に乗り出す。
    そして、ついにある下請け業者に辿り着くのだが…。

    ※画像引用:WOWOW
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。